ゼロの日常ネタバレ最新31話「サバイバル教室最後の課題がヤバい」

ゼロの日常 最新 31話
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2019年4月17日発売の週刊少年サンデー掲載の『ゼロの日常』最新31話のネタバレ・感想・考察をご紹介していきます。

前回30話では、安室さん主催でパン教室が開催されていました!

滞りなくパン教室は終了…したのですが、マリアちゃんとたくま君が地下倉庫へ向かうのを見て後を追った安室さんは、地震が起きて3人で閉じ込められてしまいました。

ドアに何か引っかかっているようで、開ける事ができない状況な上にスマホも電波が届かない…!?

小学校の中でのプチ事件とはいえ、安室さんと2人の子供たちはこの状況を脱することができるでしょうか?

それでは、2019年4月17日発売の週刊少年サンデー掲載の『ゼロの日常』最新31話のネタバレ・感想・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

スポンサーリンク

漫画『ゼロの日常』前回の内容は「小学校でパン教室を開催」

梓と一緒に、帝丹小学校を訪れている安室。

「コナンも来れたら良かったのに」と話しているのはクラスメイトのマリアとたくまです。

子供たちにパン生地が配られ、みんな好きな形にしていきますが、たくまがエプロンを忘れてしまった事に気付き、マリアは「こね終わったからこれ使って!」と貸してあげます。

みんなでパンを成型し焼き上がりましたが、お好み焼きのようなパンを作ったマリアは「たくま君のパンは?」と尋ねると、自慢気にパンを見せるたくま。

「サッカーボール?」と聞くマリアでしたが、たくまが作ったパンはサイコロの形をしており、「すごろく好きだったよな!エプロン貸してくれたお礼にいいもん見せてやるよ!」とマリアに言います。

パン教室が無事終わり、片付けをしている安室達ですが、残った食材や機材は車でアポロに届ける事に。

安室が片付けを終え、車に向かっていると校庭の隅の倉庫へと走っていくマリアとたくみの姿に気付きます。

「ここは近付いたらダメって先生が」と止めるマリアですが、たくみは「怖くないから来い」とマリアを誘います。

倉庫の中に置かれていた段ボールの中からたくみが見つけたのは、珍しいサイコロで数が12まであります。

「すごろくで使えば強い」と話すたくまは、「卒業した上級生にもらったもの。マリアにあげる」とエプロンのお礼に差し出します。

「誰かいるのかい?」と声をかけた安室ですが、たくみが「大人は立ち入り禁止だ」と言うと「ここは前にも事件があったり危ないよ」と注意します。

「閉じ込められた死体が見つかった」「ここで遊ぶのはやめて早く家に帰るように」と言うと、グラっと揺れを感じ、地震が来た事がわかります。

安室はすぐに「二人とも床に伏せて!」と声を挙げますが、地震でドアが閉まってしまい閉じ込められてしまいます。

スマホで助けを呼ぼうにも電波が届いていないようで、マリアは「うちのせいや」と以前にも閉じ込められた事があることを明かし「呪われている」と泣き出してしまいます。

「お前のせいじゃない」と励ますたくみと、「仕方ない、授業は延長」と安室。

 

感想

安室さんが開催するパン教室、女性ファンが多いだけに「参加したい!!」という人が多かったですね。

一転して、31話ではサバイバル教室が開催となりますが、安室さんが気付いてマリアちゃんたちのところへ向かってくれてよかったですね!

安室流のサバイバル術、楽しみですね!

 

漫画『ゼロの日常』最新31話でサバイバル教室開校!

サバイバル教室その1!まずは明かりを確保

地震があった事と、余震に注意するようにと校内でアナウンスが流れています。

安室は缶詰をろうそく替わりにしますが、たくまはそれを「どうして光ってるんだ」と驚いています。

マリアも「缶詰がろうそくみたい」と話しますが、安室は「仕組みはろうそくと同じだよ」と返します。

ティッシュで作った芯が油を吸い上げ、燃料になっている事を説明しますが、「どうやって火をつけたの?」と尋ねるマリア。

「するどい!」と言った安室は「たわし用のスチールウールをガスコンロ用の乾電池に当てて、電極に触れればあっと言う間に火だねが…」と火種を作ってみせます。

炎は酸素を消費するから、地下室では酸欠に注意するように言った安室は、「ここは空気の流れがあるからいいけど、念の為に必要最低限にしよう」と続けます。

サバイバル教室その1と言って「明かりの確保完了!」と笑顔を見せる3人。

炎は酸素を消費するから、地下室では酸欠に注意するように言って、

 

サバイバル教室その2!食料を確保

安室は「サバイバル教室その2は”食料の確保”」と言ったあと、「幸運にもこの通り…」と鞄の中にパン教室の食材のあまりがたくさんあると缶詰を見せます。

しかし、缶詰を手に取り「缶切りが無い」というたくま。

「大丈夫」と言った安室は、缶詰の底を硬くたいらな地面で擦り始めます。

安室をじっと見つめるマリアとたくまは、缶詰の底が開いたのを見て「開いた!!」と驚きの表情を見せます。

「スプーンで擦っても開ける事ができる」と話す安室に、すごいと感心しているマリア。

 

サバイバル教室その3!救助を呼ぶ

地下室のドアが開かないかと、持ち上げようとする安室ですが「どう?」と聞くマリアに「何かが引っかかっているみたいだ」と返します。

何度か試す安室ですが、少しだけ地下室のドアが開きます。

「ちょっと開いた」と言った安室は、隙間から出口を確認し鞄の中で何か探しています。

鞄からエプロンを取りだした安室は、エプロンの紐を外しスマホに十字に巻き付けていきます。

「サバイバル教室その3、助けを呼ぼう!」と言った安室は、助けを求めるメールを送信待機状態にし、電波が入りそうな倉庫の出口までスマホを投げます。

「わずかでも電波を受信すれば助けを呼ぶことが出来る」と言いますが、「問題が一つ」と続けます。

隙間から腕を出した状態では、自分は出口をみる事が出来ないと言うと、たくまが「自分が投げる」と言います。

しかし、「大人が腕を伸ばした状態からスマホを投げないとわのわずかな隙間は通せない」と言い、二人に「自分の目の代わりになって欲しい」と頼みます。


スポンサーリンク



漫画『ゼロの日常』最新31話でサバイバル教室最後の課題が…?

サバイバル教室最後の課題!

地下室のドアから左腕を伸ばし、何度もスマホを投げている安室ですが、「惜しい、もうちょい右」というたくまの指示通りうまくいきません。

そうしているうちに安室の腕が傷つき、血が滲み始めます。

安室の左腕の状態に気付いたマリアは、心配そうに「ケガしてる」と言いますが、安室はまくっていた袖を少しおろし一番ひどい肘を隠し「かすり傷だ」と言います。

「みんなで出られたら安いものだ」と笑って見せますが、たくまは「あんな狭い隙間にスマホを通すのは絶対無理だ」と言いだします。

それに対し「窮地からの脱出に一番大切なのは、諦めない事」といって「それがサバイバル教室最後の課題だ」と笑顔を見せますが、たくまとマリアも真剣な表情に。

「もうちょい左」というたくまと「斜め上に投げて」というマリア。

二人も諦めずに、真剣に”安室の目”になろうとしています。

「絶対にみんな揃ってここから出よう!」と固い意志を持ち、安室が左手でスマホを投げます。

すると、スマホが倉庫の開いたままのドアのところに落ち、たくまとマリアはその様子をじっと見つめていますが、しばらくして安室がスマホに括り付けていた紐をゆっくり引くと入り口で『ピコン』と音がしました。

そのままゆっくりスマホを引き寄せ手に取り、画面を見た安室は「送信完了!」と二人に言い、みんなで大喜びします。

 

脱出なるか?

大きな物音がした後、閉まっていた地下室のドアが開き、安室の部下・風見が登場します。

外に出た3人は「やっと出られた!」と喜び、安室は地震の被害報告を風見に聞きます。

「大きな地震ではなく、怪我人も出ていない」と報告を受け、安室はたくまとマリアに「怖い思いをしたのに頑張った」と声をかけました。

二人の前に跪いた安室は「これで地下室の危険性もわかった?」「人目の届かない危ない場所で控えるように」と優しく注意します。

「わかった!サバイバル教室も楽しかった!」と言った二人は、礼を言いながら帰っていきます。

走りながら「サイコロですごろくをしよう!」と誘うマリアと「いいぜ!」と答えるたくま。

二人の様子を笑顔で見つめる安室に「サバイバル教室?」とメガネにフレームを持ち上げる風見は「今日は別の任務だと聞いていた」と言います。

「いろいろあった」という安室は「風見が近くにいて助かった」と話す安室。

風見は、「閉じ込められるなんて不注意にもほどが…」と言いかけて、『これでよく公安が務まるな』と前に注意された事を思い出し、黙り込んで安室を見ています。

風見の視線に「なんだ?」と笑顔で振り返る安室に「何でもない」と焦ったようにメガネを治す風見。


スポンサーリンク



漫画『ゼロの日常』最新31話に関するSNSの感想・評判は?

 

まとめ

ここまで、2019年4月17日発売の週刊少年サンデー掲載の『ゼロの日常』最新31話のネタバレ・感想・考察をご紹介しましたが、いかがでしたか?

安室さんのサバイバル教室は、実際に仕えそうな技ばかりで読者も勉強になりましたね!

パン教室での様子もそうでしたが、子供に対する優しい接し方には感動しましたし、かっこよかったですよね。

自分の傷を見て、マリアちゃんたちが怖がらないように…と腕まくりしていた袖を下ろして傷を隠した心遣いはさすがだな~という印象でした!

それにしても、今回も梓さんと同行していたので、熱狂的なファンがヤキモチを妬いているのかな、と心配になりました(笑)

スポンサーリンク