名探偵コナンネタバレ最新1024話「休憩中に第二の事件が発生する」

名探偵コナンネタバレ最新1024話「休憩中に第二の事件が発生する」
Pocket

スポンサーリンク

今回は、2018年12月12日に発売の『週刊少年サンデー』掲載漫画『名探偵コナン』の最新1024話のネタバレ・感想をご紹介します。

前回1023話では、被害者が落ちてきた方を見上げる先にいたのは京極、それが理由で容疑者として疑われるのか?!という所から始まりました。

ドラマの主役である俳優の突然の死という緊急事態に、目暮警部たちも現場に駆け付けて、事件について調べ始めました。

最後には、事件からある事に気付いた世良が蘭にあることを問いかけます。

最新1024話では、蘭が世良の問いかけにどう答え反応するのかが気になるポイントです!

それでは、2018年12月12日に発売の『週刊少年サンデー』連載漫画『名探偵コナン』の最新1024話のネタバレ・感想についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ

撮影現場で起きた突然の俳優の死、容疑者は京極なのかどうかという所ですが、かなり怪しさはありますね。

コナンの出番はまだそれほど多くありませんでしたが、最新1024話からは推理が始まるのでコナンの登場シーンも見られそうです!

最新1024話で世良がコナンの正体に気が付く?

コナン、ピンチ。

『じゃあ、ぶっちゃけ聞くけど…』

『新一君がいる時…コナン君いないんじゃないか?』

と世良が蘭に問いかけます。

『ど、どういう意味?』と答えながら、困惑した表情の蘭がいます。

『どういうって…そういう…意味だよ…』とコナンを意識しながら続ける世良の後ろで、『えっ!』という表情のコナンがいます。

 

世良の追及へ蘭はどう反応する?

まさかの事件現場での突然の世良の質問に、焦っている様子のコナンがいます。

世良の問いに対して、蘭は答えます。

『あるよいた事…新一とコナン君一緒に…』

すると『あ、あるの!?』と驚いた様子で聞き返したのは世良です。

『うん!新一が出た学園祭の劇二ッ坂高校もコナン君見てたし』と言いながら、近くにる園子に賛同を求めます。

『えぇ…学園祭で新一君が推理ショーやってるのを…仏頂面でながめてたわよ…』と園子が答えます。

 

何とか追及から逃れられる?

世良の質問の核心を理解し、今度は蘭が聞きます。

『もしかしてコナン君と新一が同一人物だって疑ってる?』

『え?』

『あ、ああ…』

と驚き戸惑いながら答える世良に、蘭が続けて言います。

『私も何度かそう思ったけど…そんな魔法みたいな事あるわけないって思い直したんだよね!』

『コナン君はコナン君だもんね!』

と『うん!』答えるコナンを無言でじっと見つめる世良でした。

 

そもそもコナンはどうして正体を隠す必要がある?

コナンといえば、幼馴染と遊園地へ遊びに行った帰りに、謎の組織の取引現場を目撃してしましまったことで、組織の仲間に捕まり、怪しい薬を飲まされてしまいました。

その時飲まされた薬によって、副作用で体が幼児化してしまったのです。

その為、自分がまだ生きていることが組織に知られてしまうと、組織から再び命を狙われる可能性があることから、正体を隠しているのです。

蘭にさえも正体を隠している理由は、自分の好きな人を事件に巻き込みたくないからだといわれていますね。

実際には正体を知っている人が何人か出てきてはいますが、多くの人間はコナンの正体を知らない状況になっています。

ヒロシ

気になっていた世良の蘭への追及に対する蘭の答えが分かりました!

『新一がコナン君なんじゃないかな…』って疑ったことがあるけど『そんな魔法みたいな事…』という蘭の考えに、そっか『そんな魔法みたいなこと』が起きてるんだなぁと感じました!

蘭のおかげで、なんとか世良の追及から逃れることができたコナン…でも世良はまだ、疑っている様子ですね。


スポンサーリンク



最新1024話で転落したトリックを目暮警部が推理する?

『しかし、分からなんな…』

『えぇ…犯人が徳園さんを転落させた方法が…』

被害者の俳優・徳園さんがどのように転落させられたのかについて、目暮警部と高木刑事は事件について考えています。

犯人が被害者・徳園のスマホを4階の窓の外に置いて、転落させようと仕向けたことは分かっているが、

果たして『確実に転落させられるかどうかは…』どうゆう方法でやったのだろうと悩む高木刑事です。

その言葉に『ちょっと待て…』という目黒警部。

『徳園さんが4階の窓の外でスマホに手を伸ばした瞬間に、呼び出し音を鳴らせば驚いて落ちるんじゃないか?』

転落死した現場の真下、スタッフが撮影準備をしていたなら被害者の姿が見えた時に、誰かがスマホを鳴らし驚くように仕向けたのでは…と考えます。

そして『妙な音がスマホの呼び出し音じゃなかったかね?』

と確認する目暮警部に、京極が答えます。

『あ、いえ…鳥とか虫が羽ばたいたような…』

『バサバサ、ブーンって感じのだったと…』

『鳥や虫だったら…事故死の可能性も…』と高木刑事が言います。

すると、監督の富岡が『そんなジョークグッズ…あったような…』

と言って、助監督の尾取に確認すると『覚えてませんねぇ…』と言われます。

 

撮影は一旦中止となる

『それよりこの後の撮影どうするんです?』

と助監督の尾取が監督に聞きます。

『そりゃー中止だろ?役者がなくなったんだから…』

監督の判断を聞いて、女優・奈々子が続けて確認します。

『だったらさ…このケガのメイク落としちゃっていいかしら?』

『あぁ、続きの撮りは仏の日になるだろうから…』と答える富岡監督です。

女優・奈々子がメイクを落とすよう、油井にお願いをする。

『油井さんはケガのメイクもできるんですね…』

と聞く高木刑事に『はい…簡単なヤツなら…特撮好きの彼の影響で…』

『こめかみの所の傷には触らないでね…リアルな傷だから…』と女優・奈々子が言います。

『はい!わかってま…くしゅん。』

返事をしながら花粉症の症状でくしゃみが出てしまうメイク・油井。

 

『あら、花粉症の薬飲む時間なんじゃないの?』

くしゃみをする彼女を見て、女優・奈々子が言います。

『私、水がないとカプセル飲めないので…少しなら我慢できますし…』というメイク・油井。

すると『僕も風邪薬飲みたいですし、スタッフの分も飲み物買って来ます』とAD・吠木が言います。

『一人で持ち切れるのか?』と心配する監督・助監督の2人に、『大丈夫っス!』

『西部と一緒に行けば…』と最後の言葉を言うと、一瞬にして現場の空気が変わります。

『って、西部いませんでしたね!』

『と、とにかくいつも通りのヤツ買って来ます!』

と言って慌てて、走り出すAD・吠木に高木刑事が一緒についていきます。

 

高木刑事の恋愛模様は描かれない?

走り出したADに着いて行った高木刑事。

最近のコナンではよく登場するようになり、ファン投票でも票を集める人気のキャラクターですね。

警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係所属の巡査部長。

年齢はまだ26歳だといわれています。

コナンシリーズでは最近恋愛関係と絡んだストーリーが多く、高木刑事の恋愛関係についても話が出るかもしれませんね。

高木刑事は同じ課の警部補である佐藤美和子刑事と恋人で、未だ結婚しておらず、早く結婚しないのかとファンからは言われることもあります。

仕事面では非常にまじめですが、凡ミスを起こして人質に捕えられてしまったり、優柔不断な所があります。

優柔不断さから、プロポーズもまだまだ先になりそうだと思われていますが、この流れでもしかするとプロポーズするかもしれませんね。

ヒロシ

事件について調べていますが、手掛かりになる証拠もなく、どうやって被害者を転落させたのかという謎について考える目黒警部と高木刑事。

何か握っているはずの、助監督・尾取も監督の質問には『覚えてませんね』と何か隠しているんだろうなという雰囲気があります。

そして、AD・吠木の一言で過去にいた『西部』という人の存在が明らかになりましたが関係はあるのでしょうか?

 

最新1024話でコナンが事件の真相を発見する?

高木刑事とAD・吠木がスタッフ分の飲み物を買いに行っていると、コナンが女優・奈々子にある事を聞きます。

『ねぇ、西部って人もしかして亡くなったというADの…』

『ええ、そうよ!』

『彼の顔、私のタイプで狙ってたんだけど…メイクの秀香ちゃんに取られちゃった』と奈々子が話します。

実は、メイク・油井の彼で亡くなった元ADというのが”西部”だったのです。

女優・奈々子の額にある傷は、彼と一緒にロケ現場に向かう予定で遅れた彼を待っている際に起きた事故です。

後から来た、西部は彼女の傷の止血をずっとしていたようことも明らかになります。

『そんな彼に血が出る石ケンとは…そりゃ、死にそうな声も出すってもんだ…』と言って、監督・奈々子・油井の視線に気づき、自分の言ったことを謝ります。

 

第二の事件が発生する

『買ってきましたー!』

と言いながら、高木刑事と両手いっぱいの飲み物を買ってきたAD・吠木です。

『えーーと…』と言いながら、配ろうとしていると『いいよ、自分たちで取るから…』と言うスタッフ達。

それぞれに飲み物を取りくる、スタッフに『あ、ちょっと』とシェイク2つは助監督・尾形と女優・奈々子のものだと伝えます。

『神明さんもシェイクですか?』と聞く、油井に『えぇ…飲みたくなってメールで頼んだのよ』と伝えながら、どっちが自分のシェイクか見てみるが分からず・・・

『こうゆう場合は…少し飲んでみるっきゃないわね…』とストローを差し飲みます。

『あ、こっちピーチメロンだから…助監督の尾取さんのだね』と言って、奈々子は使ったストローだけ抜いてシェイクをAD・吠木に渡します。

『あれ?ストローが足りないなぁ…』と言う吠木に、メイク・油井が自分の使っていないストローを渡します。

『おーい、尾取君!いつものシェイクだ!』と言って、富岡監督が渡します。

シェイクを受け取った後、助監督・尾取の携帯が鳴ります。

犯人から『話はいつに?』という連絡です。

『フン…せっかちだなぁ…』と思いながら、シェイクを飲んだ助監督はそのまま苦しみだし、倒れて亡くなります。

 

助監督の不可解な所持品

突然苦しみだし、倒れた助監督の周りには富岡監督、メイクの油井、ADの吠木、女優の奈々子が近寄ります。

『どけ!!』

と叫んで、全員に離れるように声をかけたのは世良です。

世良は、口の中のアーモンド臭から青酸系の毒か!と考えていると、富岡監督が落ちたシェイクを拾おうとするコナンが止めます。

『それ触らない方がいいと思うよ!』

『多分これ、毒殺だと思うから!』

『だよね?世良の姉ちゃん!』

そう言う、コナンに『あぁ!』と答える世良です。

ですが、シェイクからもストローからも毒は検出されなかったようです。

そうすると…自殺の可能性もあることを世良が言うと、驚く監督・共演者・スタッフ達。

『もう少し調べてみないと…』と高木刑事が答えます。

『ん?』

『アレってなーに?』と所持品のチェックをしている人に聞くコナン。

『ホラこの…チョウチョみたいなの…』と指を差して聞くと、

『あぁコレ…ハンカチに包まれて…ズボンのポケットの中に大事そうに入ってたよ…』と言われます。

何だ…コレ!?

と不可解な所持品が気になり、じっと見つめるコナン。

 

毒殺の道具にも使われる青酸カリ

青酸カリといえば、撃毒として知られており、コナンだけではなく様々なドラマや映画で事件の殺害道具として使われています。

ただ、青酸カリがどういう理由で人を殺してしまうのか知らない方も多いのではないでしょうか?

青酸カリは一般的に呼吸毒といわれている毒で、息ができなくなり人が死ぬわけではなく、人間の細胞の呼吸が出来なくなることによって人が死んでしまうという仕組みになっています。

人間は、全身にある細胞が呼吸していることでエネルギーを生み出しています。

青酸カリを摂取することで細胞が呼吸することが出来なくなり、エネルギーを作り出すことが出来なくなります。

青酸中毒という状態になり、大量に摂取した場合は即死、少量の場合は数十分から数時間をかけて呼吸が無くなります。

今回助監督から青酸系の匂いがしていたことから、青酸カリが事件に使われた可能性が考えられますね!

ヒロシ

西部って人が元ADで亡くなった人だったんですね…しかも、メイク・油井さんの恋人だったようです。

西部さんの存在が明らかになり、富岡監督、AD吠木の2人と同じ出身地だという事も何か事件の糸口になるのでしょうか。

そして、最後にコナンが見つけ『不可解な所持品』…きっとこれが事件現場で助監督が見つけた犯人へのヒントですね!

関連記事:名探偵コナンネタバレ最新1025話「世良と蘭がコナンの正体に気が付く?!」


スポンサーリンク



漫画『名探偵コナン』最新1024話に関するSNSの感想・評判は?

 

まとめ

今回は、2018年12月12日発売の『週刊少年サンデー』掲載漫画『名探偵コナン』の最新1024話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、如何でしたか?

蘭のおかげでなんとか、世良からの新一とコナンの事について一旦逃れる事ができたコナンです。

ですが、世良はまだまだ…納得していない様子です。

そして、明らかになった女優・奈々子とメイクの油井さんのAD西部との三角関係が事件に関係してるのか、と早く知りたいです。

次回1025話では、最初の事件、第2の事件が発生し、犯人が誰なのか、被害者たちがどのようなトリックで殺されたのか、気になる所です。

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼