名探偵コナンネタバレ最新1020話「和葉の正体を知った小五郎と蘭」

名探偵コナンネタバレ最新1020話
スポンサーリンク
Pocket

この記事では、2018年9月12日(水)発売の少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1020話のネタバレ・感想について詳しくご紹介します!

前回1019話では、作戦変更で早速動き出した怪盗キッドが、和葉を眠らせ、自分が和葉に変装することに成功しました。

スマホを忘れたと氷の部屋の中に入ることに成功し、氷の部屋の中を外から見えない状態にした後、指輪を盗むことに成功しました。

最新1020話では、キッドが氷の中に残した指輪のトリックと、平次が和葉に迫る様子が描かれます!

それでは2018年9月12日(水)発売の少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1020話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ
和葉の唇をずっと見続けていた平次がついに和葉に対して行動を起こします!

キッドが変装している和葉に迫っても本当の和葉に届いていないというのが悲しいところです・・。

キッドが指輪を沢山氷の中に埋め込んだトリックも気になります!

スポンサーリンク

1020話で盗まれた宝石と残された宝石のトリックとは

『よ、妖精の唇は頂いた・・・怪盗キッド・・・』

宝石はキッドに盗まれてしまいました。

中森警部は氷なんか意味なかったと憤慨しています。

氷の中には無数の指輪が残されているだけ。

諸伏警部は冷静に、その指輪はフローラルアイスパフォーマンスだと解説しました。

フローラルアイスパフォーマンスとは、氷の内側を彫って色を入れて、氷の中に本物の花があるかのように見せる氷アートの事です。

キッドは指輪と置き換えてこのアートを一瞬でやったという事でしょうか。

キッドは一体どうやって氷の中にアートを掘ったのでしょうか?

コナンは『シートの内側に潜ってたんじゃない?』

墨で真っ暗になった室内であれば、真っ黒のシートの内側で明かりを灯して彫ることが出来ると推理。

現場を見てみると、氷のそばには工具とヘッドライトが落ちていることから、コナンの推理が当たっている可能性が高そうです。

そうなると疑われるのは当然部屋の中にいた平次と和葉。

中森警部がは2人に詰め寄って、『身ぐるみ剥いで徹底的に調べてやるから覚悟しろ!』と怒鳴りました。

 

フーロラルアイスパフォーマンスは短時間で完成させるのが重要!?

今回指輪を盗み出すためにキッドが行ったフローラアイスパフォーマンスですが、日本国内では帝国ホテルの平田 謙三氏が初めて作成をし始めました。

それを見た二橋 一幸さんが実際に自分もパフォーマンスを練習し始め、今では日本でフローラルアイスパフォーマンスといえば二橋さんとまで言われるようになりました。

今回怪盗キッドが氷の中にフローラルアイスを作成しましたが、それにかかった時間はおよそ鍵がかかっていた10分間の間。

そんな短時間でいくつもの指輪を掘ることが出来るのかという疑問が浮かんできますが、フローラルアイスであれば可能です。

フローラルアイスパフォーマンスでは、1つのデザインを掘るのには1分半から2分程度で仕上げることが重要で、実際の二橋さんもそれくらいの時間で仕上げているようです。

それは、早く仕上げないと削った部分が溶け出してしまい、色が入りにくくなってしまうからだといいます。

キッドが氷を削った部屋の中は氷が解けない様に温度が下げられている部屋でしたが、やはりスピード感は重要になってきます。

氷を削るのに使うドリルも片手で持てるようなコンパクトなものなので、道具の用意も問題は無さそうですね。

ヒロシ
キッドはいつの間にそんな技術を習得したのか気になってしまいます。

10分の短時間で沢山の指輪を完成させる技術力はかなり高いのではないでしょうか?

他のフローラルアイスパフォーマンスも見てみたくなってしまいますね。

 

1020話で怪盗キッドが和葉に変装してかっこいい!

和葉は平次の腕に抱きついて『助けて』と嘆きます。

平次は、体を調べなくても指輪を持っていれば部屋のセンサーが反応して警報が鳴るはずだと言い、それには中森警部も納得。

2人はスッと部屋からセンサーをくぐりますが、音はなりません。

2人は全く問題なく部屋の外へ出ることができました。

音はなりませんでした。

次郎吉と中森警部は驚きが隠せない様子。

喜んだ和葉は平次に抱きつきました。

わっ!和葉ちゃん大胆・・・とこの様子を見ていた蘭は思います。

平次『とにかく、オレら二人共キッドやないっちゅうこっちゃ!』

和葉に変装して平次に抱き着いていたキッドは、心の中で『マジでちょれーなコイツwww』と平次を馬鹿にしていました。

 

氷が解けるとキッドの手がかりが無くなってしまう?

そしてキッドは最後の仕上げに取り掛かり始めます。

和葉はスマホを部屋の中に置いてきてしまったと言って、中森警部がスマホを取りに部屋に行きます。

『くしゅん』と和葉が部屋の寒さにくしゃみをすると、中森警部は氷を保つ必要がないから冷房を止めるように指示を出しました。

次郎吉は、宝石の盗まれた謎が解けない状況で氷を溶かしてしまうのはどうかと苦言を呈しますが、諸伏警部も問題ないと発言します。

『よっしゃ!完璧!!』と、和葉は心の中でガッツポーズ。

『ねえ、もしかして和葉姉ちゃんトイレ我慢してるの?』

膝を閉じてかがみ気味の和葉にコナンは声をかけます。

肯定する和葉に、平次はついていくといいます。

こうして平次と和葉はその場を後にしました。

コナンと諸伏警部はその二人を目で追っていました。

 

怪盗キッドの変装のクオリティが高すぎる?!

名探偵コナンの作中には、怪盗キッド以外にも工藤有希子やベルモットなど、変装が得意なキャラクターが数多く登場しています。

キッドや組織が関わるシリーズでは、だれがどのキャラクターに変装しているのかを予想するのが恒例の楽しみともなっています。

コナンに登場する変装を得意とするキャラクターの中でも、特に怪盗キッドの変装術は優れており、老若男女関わらず、様々なキャラクターに変装することができます。

また、この3人の共通点として、師匠が黒羽盗一という共通点があります。

ヒロシ
怪盗キッドはこれまで数々のキャラクターに変装し、物語の重要なカギを担ってきました。

来年のコナン映画はキッドが主人公になるので、今回の平次と和葉のシリーズが映画の予習として描かれている可能性も十分考えられます。

今回は和葉に変装しましたが、更に別のキャラクターの変装も見ることが出来るのでしょうか?!


スポンサーリンク



1020話で気になる諸伏警部宛の小包と弟の正体とは?

諸伏警部のスマホに大和警部から電話が掛かってきました。

『ああ、勘助くん。どうしたんですか?こんな時間に』

大和警部は、キッドを捕まえたと連絡が来るはずなのに、予告状の時間を過ぎても一向に電話が来ないので電話をかけてきたようでした。

諸伏警部は素直に盗まれてしまったと。

ですがその声には敗北の色は見えませんでした。

『それより例の物はどうだったんだ?』と、キッドのことは置いといて、大和警部は諸伏警部宛の小包の件を聞きました。

その小包は明日取りに行く手はずになっています。

諸伏警部宛の荷物のはずですが、諸伏警部は東京に知り合いはいないはず。

『いたんじゃなかった?警視庁に入った弟さんが』

と大和警部のそばで聞き耳をたてていた上原刑事が言うと諸伏警部も同意しました。

小包を持っていた刑事は、弟の知り合いかもしれない。

大和警部は弟に確かめさせろと言いますが、諸伏警部はこう答えました。

『随分前に警察を辞め、別の仕事に就いたと聞いてから何の音沙汰もなくて。今頃、一体どこで、何をやっているのやら』

 

弟の正体はスコッチだった?!

諸伏警部の弟がスコッチだという説が最新1020話の会話から強まってきました。

大和、上原、諸伏の会話より、

『けどお前、東京に知り合いいたか?』

『いたんじゃなかった?警視庁に入った弟さんが。ほら、ご両親が亡くなったせいで東京の親戚に引き取られたっていう・・・』

『それが・・・随分前に警察を辞め、別の仕事に就いたと聞いてから何の音沙汰もなくて・・・。今頃、一体どこで、何をやっているのやら』

という会話がありました。

この会話から諸伏警部の弟である人物は、警視庁に入ったが、現在は止めてしまった人物だという事が分かります。

これまで名探偵コナンの話の中では、名字が明かされていない警視庁の警官はスコッチしかいないのです。

 

どうぶつの森の中で弟がスコッチだという事が確定?!

名探偵コナンの作者青山剛昌先生は、どうぶつの森の中で次の展開のネタバレを行う事がよくあります。

今回も、スコッチに関してどうぶつの森の中でネタバレがありました。

『スコチのナマエは○○○○ヒロミツ』

この〇の数が4文字で、正しいと考えると、モロフシという4文字がぴったり当てはまります。

このことからも、諸伏警部の弟がスコッチだという可能性は高まってきましたね!

ヒロシ
コナンファンの間では、どうぶつの森をチェックして最新のネタバレ情報をキャッチすることが流行っているみたいですね!

青山剛昌先生がどうぶつの森にハマりすぎてどうぶつの森の中でネタバレをしてしまうというのは遊び心が感じられて、面白いですね!

名探偵コナンファンでどうぶつの森ファンという方が増えてきそうな気がします。

 

1020話で和葉の正体を知った小五郎と蘭の反応は?

眠たそうな小五郎はタクシーで帰ることを提案しましたが、和葉の提案によって博物館の空き部屋で仮眠を取らせてもらうことになりました。

和葉は次郎吉にお願いがあると行こうとすると、平次も『お、おれも付き合うたるで!』と追いかけてきました。

小五郎と蘭は平次と和葉の仲の良さに感心していますが、コナンは否定。

『いや、平次兄ちゃんがくっついているのは逃さないためだよ』

『だってあの和葉姉ちゃん、怪盗キッドなんだもん』

こう聞いて2人はとても驚きます。

コナンは、和葉が怪盗キッドである理由として、膝を閉じていること、そして自分の事を『ウチ』と呼んでいることに触れました。

『うわぁ、フッカフカや!』

空き部屋に案内された平次と和葉は2人きり。

平次はクーラーが苦手で、扇風機無しで寝られるか心配しています。

すると平次に、『眠れへんならウチが添い寝したってもええねんでー』

と和葉がこそっと耳打ちします。

驚く平次に、冗談だと笑顔を浮かべている和葉。

ドン

突然平次の壁ドンが炸裂。

『どうやら黙らせるには、そのふざけた口、塞がなアカンみたいやな・・・』

そう言いながら平次は和葉に顔を寄せるのでした。

『待て待て待て!!!』

そんな状況に怪盗キッドは心の中で悲鳴をあげるのでした。

 

和葉の一人称は『ワタシ』

コナンが和葉の正体を怪盗キッドだと断言するには理由がありました。

その理由は、和葉の一人称の呼び方です。

1020話の中で和葉(キッド)は、『眠れへんならウチが添い寝したってもええねんでー』と一人称をウチと呼んでいました。

普段から本物の和葉は一人称を『ワタシ』と呼んでいるので、明らかにおかしいですよね。

コナンファンの方であれば、すぐにピンと来たのではないでしょうか?!

ヒロシ
コナンの楽しみ方といえば、コナンよりも早く事件の推理をすることですよね!

今回のキッドの変装も、口癖からいち早く分かっていた方も多いのではないでしょうか!?

このシリーズであと何人の変装が見られるか楽しみですね!

関連記事:名探偵コナンネタバレ最新1021話「怪盗キッドを逃がした理由」


スポンサーリンク



漫画『名探偵コナン』最新1020話に対するSNSの感想・評判は?

 

まとめ

この記事では、2018年9月12日(水)発売の少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1020話のネタバレ・感想について詳しくご紹介してきましたが、如何でしたか?

前回1019話では、部屋に立て籠もり、和葉に変装したキッドが指輪を盗むために動き始めました。

最新1020話ではキッドが指輪の代わりに残した無数の指輪に隠されたトリックがまさかのフローラルアイスパフォーマンスだという事が判明。

あの短時間でどうやって指輪を掘ったのかという疑問が浮かんできますが、どんな人にも完璧に変装できるキッドであれば、氷の中を掘ることなんて簡単なのかもしれませんね。

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼

スポンサーリンク