名探偵コナンのバーボンは味方なのか?敵なのか?

コナン バーボン 味方 敵
スポンサーリンク
Pocket

今回は、『名探偵コナン』に登場する バーボンが味方なのか敵なのかについてご紹介します。

コナンが追う黒の組織のメンバーである、『バーボン』。

その正体は、安室透だと既に明かされていますが、未だ謎多き人物でもあります。

果たして、彼は完全にコナンの味方といえるのでしょうか?

では早速、バーボンはコナンの味方か?敵か?についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ

黒の組織のメンバーである『バーボン』とは、どんな人物なのか?

その正体はまだ隠されている部分が多くありそうですよね。

果たして正体は敵なのか味方なのかに迫っていきましょう。

スポンサーリンク

黒の組織のメンバーであるバーボンとは

『バーボン』とは、黒の組織のメンバーのコードネームです。

情報収集能力に長けており、組織内では『探り屋』の異名でも呼ばれているらしいです。

当然お酒の名前なのですが、まず、どんなお酒なのか、その名が出てきたきっかけは何だったのかなどを見ていきます。

 

バーボンってどんなお酒なの?

正確には『バーボンウイスキー』といい、アメリカのケンタッキー州バーボン郡で生まれたウイスキーです。

『原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含み、80度以下で蒸溜し、さらに内面を焦がしたホワイトオークの新樽で、アルコール度数62.5度以下で熟成したもの』というのが、アメリカの法律に定めるバーボンの定義だそうです。

特有の赤みがかった色味と、華やかな香りが特徴です。

2年以上貯蔵されたものが、ストレートバーボンウイスキーを名乗れます。

『バーボン』って、地名だったんですね。

一番有名なバーボンは、サントリーのジムビームのようです。

 

バーボンの初登場と怪しい人物たち

組織のメンバーとしての『バーボン』の名が初めて出てきたのは、コミックス60巻、アニメ509話『赤白黄色と探偵団』の時です。

コナンとFBI捜査官、赤井秀一の策で組織に戻った『キール』こと水無怜奈からジョディ・スターリング捜査官らのもとへ、『組織の切れ者である探り屋バーボンが動き出したから気を付けて』という旨の情報が入ったのです。

その時を境に、顔に火傷を負った赤井らしき男(以下、火傷シュウとします)が、ジョディらFBI捜査官の周辺に出没し始めます。

初登場は、コミックス65巻、アニメ話『探偵団vs強盗団』です。

 

『探偵団vs強盗団』のあらすじ

1月のある雪の日、FBIの面々はキャメルの誕生日を祝うために、米花酒店で酒を買っていた。

その時にふと来葉峠で命を落とした赤井の話になるのだが、彼はジョディの恋人でもあったので、彼の事を思い出したジョディは『先に車に戻る』と機嫌を悪くしながら店を出て行く。

そしてジョディが街中を歩いていると、そこで赤井に似た男の姿を目撃。すぐに会って確かめようとするが見失ってしまう。

そこでジェイムズに呼び止められ我に返ったジョディは、日本円の持ち合わせのないジェイムズ達の酒代を立て替えるために、帝都銀行でお金を下ろす事になった。

その頃、少年探偵団と阿笠は、お年玉を預金する光彦の付き添いで帝都銀行を訪れていた。

だがそこで元太が突然腹痛に見舞われ、コナン、歩美、光彦は一緒にトイレへ、阿笠と灰原は胃薬を買うために近くの薬局へ向かう。

しかしその直後、銀行に強盗団が押し入り、瞬く間に銀行は占拠されてしまった。

たまたま居合わせたジョディは、日本語がカタコトな振りをして強盗団の油断を誘おうとするのだが、彼女の隣には、街中で見失った赤井に似た男が座っていて……

 

バーボンが発覚した理由は?

銀行で気付いたジョディが話しかけても無反応、強盗団を倒そうと奮闘する少年探偵団の背後から発砲して手助けした火傷シュウ。

この時、右手で発砲していたことから、赤井本人でなく『バーボン』では?という説が浮上してきました。

そして、『バーボン』の名が出てきたのをきっかけに、謎の新キャラ3人が相次いで登場したのです。

ヒロシ

バーボン、強そうなお酒ですね。

お酒のように強いキャラクターであることは今となっては有名ですね!

初登場の時には3つの顔を持っているなんて思いもしませんでした。

 

バーボンの正体は誰なの?

姿を現し始めた『バーボン』。

まず、その候補者と思われた3人のキャラをご紹介します。

 

沖矢昴

  • 初登場 コミックス60巻、アニメ509話『赤白黄色と探偵団』
  • 大学院生
  • 木馬荘というアパートに住んでいたが、火事で焼け出された為、現在は工藤家に居候中
  • 阿笠邸に盗聴器を仕掛けて監視している?
  • コナンの正体に気付いている
  • いざという時の身のこなしがただ者ではない

 

世良真純

  • 初登場 コミックス73巻、アニメ646~647話『幽霊ホテルの推理対決』
  • ボクっ娘女子高生探偵
  • ジークンドーの使い手
  • 兄が2人いる
  • アメリカ帰りで、『領域外の妹』と称する少女とホテル暮らし
  • コナンの正体を知っている?

 

安室透

  • 初登場 コミックス75巻、アニメ667~668話『ウエディングイブ』
  • 私立探偵
  • 喫茶ポアロのウエイター
  • 毛利小五郎の助手をしている
  • 料理やギター、ボクシングなど、特技が多い

以上の3人が、『バーボン』では?と思われた人物です。

この3人が初めて一堂に会した事件がコミックス76巻、アニメ671~674話『探偵たちの夜想曲(ノクターン)』で、この話で更に謎が深まるのです。

 

3人が初めて同時に登場した『探偵たちの夜想曲』

名探偵コナンのバーボンは味方?敵?

出典:https://www.amazon.co.jp/%E5%90%8D%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%B3-%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%A4%9C%E6%83%B3%E6%9B%B2-%E3%83%8E%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3-%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB-%E9%9D%92%E5%B1%B1/dp/4091277659

この事件のあらすじは、

新しくホームページを開設した毛利探偵事務所。

そこに早速一件の依頼が舞い込んでくる。

依頼内容は『先月他界した兄の遺品からコインロッカーの鍵が出てきたので、どこの鍵か特定してほしい』という簡単なものだった。

探偵事務所で待っていると、依頼人である樫塚圭から『待ち合わせ場所をレストラン・コロンボに変更してほしい』とのメールが入る。

小五郎は蘭とコナン、そして最近弟子になった安室を連れてそこで待つ事にしたが、樫塚は一向に現れなかった。

ひょっとしたら探偵事務所に来ているのではと思い帰ってみるが、トイレに入ろうとすると樫塚から立て続けに『すぐに待ち合わせ場所に来て欲しい』とのメールが送られてくる。

もしやトイレに誰か隠れているのではと思った安室はそこに入ろうとするが、突然トイレ内で銃声が響く。

中に入ったコナンが目にしたのは、拳銃で頭を撃って死亡した男性と傍で縛られて身動きが取れないでいる樫塚の姿だった。

樫塚は小五郎の助手を名乗るその男性に縛られ、コインロッカーの鍵の事について尋問されていたと証言するが、現場で発見された証拠を見てコナンは彼女に疑いの目を向ける……

という話で、クライマックスで犯人からコナンを救出すべく、沖矢、世良、安室の3人が一堂に会することになります。

コナンを救出して解決後、ベルモットから『バーボン』への通話があり、ほぼ同時にその3人が通話を受けるというラストシーンが。

このことから、『バーボン』はこの3人のうちいずれかなのか?との疑惑が生じました。

この後、この3人がまた一堂に会した、コミックス78巻、アニメ701~704話『漆黒の特急(ミステリートレイン)』で、ここで『バーボン』の正体が明らかになるのです。

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

バーボンの正体が確定した『漆黒の特急』とは

名探偵コナンのバーボンは味方?敵?

出典:https://www.shogakukan.co.jp/books/09127766

園子の計らいで鈴木財閥が誇る最新鋭の豪華列車『ベルツリー急行』に乗車したコナン達。

この列車は行き先不明のミステリートレインで、車内では乗客から被害者役と犯人役が選ばれた後事件が起こり、 他の乗客が探偵役となり犯人を推理するというイベントが開催されていた。

しかし、乗客の中には行き先を名古屋と推理している者も多くいた。

東京駅から出発後しばらくすると、コナン達少年探偵団の部屋の前に『あなたは探偵役に選ばれました』というメッセージカードが置かれていた。

コナンは疑問を持ちながらも捜査を開始、指定された7号車B室に行くと乗客の一人・室橋がフード姿の人物に銃撃される現場に遭遇する。

フード姿の人物を追いかけるコナン達だったが、車掌の口からまだ推理クイズは始まっていない事が判明する。

現場に戻るとそこには蘭、園子、世良の3人の姿があり、ここは7号車ではなく8号車のB室だと主張する。

コナンは7号車消失の謎を難なく解き明かし、本当の8号車B室に向かうもそこで待っていたのは密室の中で頭を拳銃で撃ち抜いて絶命した室橋の姿だった…

殺人事件の捜査が開始された同じ頃、名古屋駅の構内にはジンとウォッカの姿があった。

ベルモットからシェリーの姿を車内で確認したという連絡を受け、密かにシェリーの殺害計画が進行していたのだ。

絶体絶命の窮地に陥った灰原がとった行動、そして彼女を救うためにコナンが用意した計画とは……?

というお話です。

列車内での殺人事件解決後、元の姿に戻ったシェリーこと灰原哀(実は怪盗キッドの変装だった)を追い詰めた安室透が、自ら『バーボン』と名乗ったのです。

その正体が明かされた瞬間でした。

そして、『火傷シュウ』の正体も、赤井秀一の死に疑問を持ったバーボンがベルモットに変装させて貰い、ジョディらFBI捜査官の周辺に出没して反応を試したものだったのです。

ヒロシ

バーボンの正体は安室透だったということですね。

黒の組織に所属していますが、根っからの悪人とは思えません。

敵なのか味方なのか、ますます気になりますね!

 

バーボンは敵なのか?味方なのか?

『バーボン』の正体は、安室透だった事が分かりました。

バーボンは敵なのかと思った矢先に、もう一つの『顔』が明らかになります。

 

明かされたもう一つの『顔』とは?

安室透のもう一つの『顔』が明らかになったのは、コミックス84~85巻、アニメ779~783話の緋色シリーズです。

それと同時に、沖矢昴の正体が赤井秀一であると明かされた回でもあります。

死んだとされていた赤井が沖矢昴として生きている、という確証を得て工藤邸に乗り込んだ安室。

沖矢に対して正体を問いただしますが、この時の彼は赤井ではなく工藤新一の父・優作で、赤井はジョディらの車に潜んでいました。

安室の部下の追跡を黙らせた赤井は、電話越しに安室へ『降谷零君』と呼び掛けたのです。

『ギスギスしたお茶会』(コミックス84巻、アニメ770~771話)において安室が、病院にいた子どもの『ゼロ』という言葉に反応を見せ、『子どもの頃のあだ名がゼロだった』と漏らしたことで、『ゼロ』が公安警察の俗称であることに気付いたコナンから伝え聞いた赤井が、調べて突き止めたようです。

『公安警察の降谷零』、これが『バーボン』こと安室透の真の顔だったのですね。

ちなみに、この話の結末で、黒の組織の幹部についての新たな情報も語られています。

また、世良真純については、赤井の妹であることが判明していますが、何の目的で日本へ来たのか、母親と思われる『領域外の妹』についても未だ謎に包まれています。

 

『バーボン』は敵ではない?!

『バーボン』こと安室透の正体は『公安警察』の潜入捜査官であり、『緋色の序章/緋色の追求』でコナンが言っていた通り、『悪い奴らの敵』だったわけです。

仮の姿の『安室透』として、また、共に同じ敵の壊滅を目指しているという点では、コナンの味方といえるでしょう。

ただし、公安警察の『降谷零』としては、その信念を貫くあまり、敵に回ることもあるかもしれません。

今年の映画『ゼロの執行人』での安室が、公安警察としての信念から、一時コナンと対立したように。

黒の組織と戦うコナンにとっては心強い味方ではあるけれど、完全には味方ではない、複雑でミステリアスなキャラクターですね。

ヒロシ

『3つの顔』を持つミステリアスなキャラクター、安室透。

敵では無さそうですが、味方とも言い切れません。

この辺りは最終回の結末と関係してきそうですね。

 

漫画『名探偵コナン』のバーボンに対するSNSの感想・評判は︖

 

まとめ

今回は、『名探偵コナン』に登場する バーボンが味方なのか敵なのかについてご紹介してきましたが、如何でしたか?

味方ではある一方で、敵になることもあるかもしれない、複雑なキャラクターであることが分かりました。

3つの顔、『トリプル・フェイス』を持つがゆえの複雑さとミステリアスさ。

それが、安室透というキャラクターの人気の秘密なのかもしれませんね。

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼

スポンサーリンク