名探偵コナン最終回ネタバレ予想!100巻で描かれる内容とは

コナン 最終回 ネタバレ 予想
Pocket

スポンサーリンク

この記事では『名探偵コナン』の最終回はどうなっていくのか、最終回のネタバレ予想や、予想される黒幕についてご紹介していきます!

数年前のSNS上ではよく、阿笠博士が黒幕なんじゃないか、、など色々な予想が飛びかっていた『名探偵コナン』!!

ですが、知らぬ間に点と線がつながっていき、少しづつではありますが終わりが見えてきた感じがしますね!!

それに黒幕は、阿笠博士ではという事は確実みたいですしね♪

そんな色々な予想など飛び交っている、『名探偵コナン』の最終回はどんなものになっていくのか、ネタバレ予想などを踏まえながらご紹介していきます!!

ヒロシ
確かに数年前まではよく黒幕は、阿笠博士だという憶測が飛び交っていましたね!!

今の『名探偵コナン』は黒の組織が少しづつ出てきて、通常の事件も含めて面白さが増している気がします!!

名探偵コナン最終回で黒の組織との全面戦争が勃発?

2017年12月13日(水)に発売された『週刊少年サンデー』3・4合併号でついに黒の組織のボスが明らかとなりました!

その人物は『烏丸蓮耶(からすまれんや)』という大富豪です。

ファンの考察でも度々名が挙がっていた人物ですが、まだ素性は謎に包まれていますね。

 

烏丸蓮耶の正体が最終回で明らかに!?

 

烏丸蓮耶はまだ生きている?!

烏丸蓮耶はすでに死んだとされていますが、組織のボスであるならばまだ生きていることになりますよね!!

実際に生きているのであれば150歳近いはずなので、常識的に考えて生存することは不可能ではありますが。

しかし、コナンのようにアポトキシン4869を服用して若返っている可能性も十分にありますね。

灰原は以前『死者を蘇らせる研究』をしていたと話していたので、死んで生き返っている可能性も捨てられないですね!!

 

黒の組織が求めていたモノとは、、?!

コナン達は以前、『人魚の棲む島』と呼ばれる孤島に行ったことがあり、その島には人魚の肉を食べれば不老不死になるという伝説がある島でした。

コナン達が訪れた時、島では一年に一度のお祭り『儒良祭』が開かれており、そこの名簿にあった名前が大黒連太郎だったんです。

『連』という字が烏丸蓮耶の『蓮』と類似していますし、黒の組織の『黒』も名前に入っています!!

さらに服部が言う『日銀の総裁』が大黒連太郎のことを指しているのであれば、『日本有数の権力者』という点も一致ますね。

ちなみにコナンが気にしている『宮野志保』というのは灰原の本名で、その隣にある『魚塚三郎』というのはウォッカの本名である事も分かっています!!

ここでも組織が『不老不死』の情報を求めてきていたことが分かりますね!!

ヒロシ
烏丸蓮耶として亡くなっているとされていますが、黒の組織のボスとして、生きている可能性は大ですね!!

こうなってみると、黒の組織がこんなにまで不老不死について研究していたのも納得ですね!!

 

コナンは最終回で工藤新一に戻れる?

OVAの『10年後の異邦人』では、その未来とも思える光景が描かれていています!!

コナン、灰原を含めた少年探偵団の5人は高校生になっていますが、その時点でも黒の組織との決着はついていないというものでした。

その時点で未だにコナンはコナンのままで、コナンが工藤新一であることは蘭や歩美、元太、光彦らも知らない様子でした。

これはOVAなので、作品のストーリーとは関係ないものの、やっぱりコナンと灰原はコナンと灰原のまま生きていく可能性もまだ残っていますね!

ただ、蘭ちゃんの恋模様もあるので、コナンは新一に戻ってほしいですよね♪

 

灰原の姿は元に戻る?

哀ちゃんは今後どうなっていくのでしょうか?!

哀ちゃんに関しても色々な憶測がありますね!!

その中でも1番多いのが『名探偵コナン』最終回で灰原は元の姿に戻らないのではないかという説です!!

その理由としては、

  • 既に肉親・姉がいないため、元の姿に戻っても喜ぶ人がいない
  • 博士の事が心配(体調面含め)
  • コナンと共に灰原もいなくなったら、探偵団のメンバーに寂しくさせすぎるから
  • 大人にならなくても研究ができるから
  • 元に戻った新一に会うとしても、会いやすい、(新一が蘭にあの女性は誰といわれる)
  • 新一(コナン)と違ってもう一度小学生という感覚がない(黒の組織にいたので小学生の経験が無いと思われるので)小学生をまだ楽しみたいと思
  • 大人になって研究所で働くとしても経歴がおかしいことになっている。

との事でした!!

ヒロシ
確かに哀ちゃんは戻らないような気もしましね。

でもコナンは蘭ちゃんも待っている事なので、新一になって戻ってきて欲しいですね!!

 

工藤新一と蘭の恋の行方は?

やっぱり『名探偵コナン』には欠かせないのが、この2人の恋模様です!!

 

2人の子供が次回作の主人公になる!?

次回作は新一と蘭との子供が主人公の可能性もありえますね。

新一と蘭が結婚し、出産するという事も予想ができるので、新一と蘭の子供がコナンそっくりで、

その子が主役で新連載っていうのも面白いですね!

ヒロシ
この2人には上手くいって欲しいですね!!

新一と蘭ちゃんの子供が主人公の漫画は、ぜひ読みたいです!!

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

工藤新一が毛利探偵事務所を継ぐって本当?

いざという時には、必ず決める毛利小五郎!!普段はヘッポコですが、家族愛はある人です。

小五郎は新一を嫌っているますが、内心では結構認めている事が伝わります。

小五郎『元に戻ったら蘭を頼むぞ!』
コナン『おっちゃん!』
小五郎『あとお前がこの事務所を継いでくれ!』

となったら、最高ですね!!

ヒロシ
いや~そんなことになったら感動しそうです(笑)

小五郎のおっちゃんがますます好きになりますね!!

 

名探偵コナン最終回の構想はもう決まっている!?

『名探偵コナン』の最終回、青山先生はハッピーエンドにする、と言っているそうですね!!

大体の漫画家さんは、物語を構成する時に、結末を最初に想定しておくのが鉄則だと言われており、多くの作家がそのようにしているそうですね。

やはり結末が明確になっていないと、途中があやふやになり矛盾が生じる可能性があるからです。

青山先生もすでに最終回の原稿を書き終えており、自宅の金庫に保管しているとのことです!

万が一が発生し、最終回が自分の想定通りにならないのを避けるために、既に書き終えているんですね。

絵はアシスタントでも描けますが、ストーリーについては原作者だけが知っている神聖なもの。

誰も青山先生の代わりはできないので、最終回だけは原作者の手によって構成され描かれています。

 

100巻が最終回?

『名探偵コナン』が100巻を目安に最終回を迎えるという憶測が流れているようですが、

以前青山先生が言ったのは『100巻もないかも(笑)』っていう冗談交じりの発言であり、本当に信念があってそこで辞めようと思って言った言葉ではないようですね。

実際青山先生も、最近のインタビューで『100巻は余裕で超える』とお話されているみたいです!

 

100巻で描かれる内容とは!?

『名探偵コナン』の最終回が100巻ではないとすると、境目となる100巻には何が描かれるのでしょうか?

コミックス95巻に掲載されるのは、三池苗子と千葉刑事の新シリーズとなりますが、このシリーズも長く続いて96巻までだと思われます。

今回の恋愛シリーズで、黒田兵衛も怪しい動きをしていますし、100巻に近づくにつれて黒の組織について詳しくわかっていくことだと思います。

作者の青山先生は100巻を特別に思っていないようですので、記念の挿絵があるかもしれませんが通常のストーリーが進められるでしょう。

そして、100巻にもなれば物語の最終回に近づく事件が起こっていることに間違いありません。

あの方の正体が判明し、次は黒田兵衛の正体が明らかになると思われています。

黒田兵衛が黒の組織No.2のラムだとすると、黒の組織のボスとNo.2の正体が明らかになることになります。

黒の組織の幹部の姿が明らかになれば物語の本質に迫る事実にたどり着くことでしょう。

ヒロシ
100巻で終わる事はないようですね!!

ひとまず安心です!『名探偵コナン』は、終わりを見たいけど見たくない複雑な気持ちになりますね(笑)

 

『名探偵コナン』最終回ネタバレ予想に関するSNSの感想・評判は?

 

まとめ

この記事では、『名探偵コナン』の最終回はどうなっていくのか、最終回のネタバレ予想や、予想される黒幕についてご紹介していきましたが、如何だったでしょうか?!

とりあえず『名探偵コナン』は100巻では終わらず、まだまだ連載が続いていくようですね!!

そして最大の謎であった、黒の組織のボスが誰がかも分かったり、組織が研究しているモノへの理由も理解できましたね!

これからが益々面白くなっていく『名探偵コナン』、最終回のネタバレ予想などもしながら、楽しんでいきたいですね!!