名探偵コナン天国へのカウントダウンのモデルとなる場所・建物は?

名探偵コナン天国へのカウントダウンのモデルとなる場所・建物は?
スポンサーリンク
Pocket

この記事では、2011年4月21日公開の映画『天国へのカウントダウン 』のモデルになった場所や建物などについて詳しく解説していきます。

まずこの天国へのカウントダウン は、コナン映画全作品で少年探偵団が最も輝いた作品。

2016年の公式映画ランキングではなんと第4位に輝いています!!

しかもコナンには外せないジンとウォッカが映画初登場です。

作ったばかりのビルを爆破する暴れっぷりをみせますが、コナン映画だと過激に見えないのが不思議なところですね(笑)

印象的なのは、なんといってもラストのビルを飛び移るシーン!

コナンがあまり好きではない人でも一発でも思い出せる名シーンですね。

当時は派手なアクションシーンが少なかったので、なおさら印象に残る作品です。

そんなコナンファンなら誰もが大好きな作品の天国へのカウントダウン、モデルになった場所はどこなのか、あの建物のモデルはどこだったのか、詳しくお届けしていきます!

スポンサーリンク

映画『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』はどんなストーリー?

 

 

コナンファンなら誰もが大好きな作品の天国へのカウントダウン。

歩美ちゃんの表情やしぐさがとってもかわいいんですよね♪

 

あらすじ

コナンら少年探偵団は、西多摩市にある完成間近の日本一高い双子 (ツインタワー) のビルに立ち寄った。

最先端のハイテクビルには、その建設にからんで暗躍した怪しい面々が集っていた…。

そして、ビル内で第一の殺人事件が起こった! その近くで、コナンは信じられないものを目撃する。黒のポルシェ356A―。

≪黒の組織≫がここに!? さらに灰原哀が密かに何者かとコンタクトを取り始め…。

活躍するキャラクターは?

 

灰原哀

今作のヒロイン、哀ちゃん。

夜中にどこかに電話をしていたところを元太や阿笠に目撃され、不審に思われてしまうんです。

かけていた先は哀ちゃんの姉の明美が密かに借りていた部屋。

寂しくなった時などに数秒足らずの彼女の声を聞きたくなった時に、つい電話をかけていたらしのです。(原作では明美が死んだ後、部屋は組織により証拠隠滅のため残されていないとされていますが、前述の通り明美が組織の目を盗んで借りていた部屋であったため、難を逃れていたものと思われます)。

その最後の電話の内容をジンに知られてしまい、知らないうちに彼らに狙われてしまうという、今作の重要人物です。

 

少年探偵団

この映画はなんといっても、全力で灰原を助ける少年探偵団がカッコイイです!!

キャンプの帰り道で30秒当てゲームを行うコナンたちは目を閉じて、30秒数えてストップウォッチを押すゲームで遊ぶ少年探偵団。

元太くんは大幅にズレるタイムを出す中、歩美ちゃんは30秒ジャストをたたき出します。

そして事件は起こります、、、。

哀ちゃんに目をつけていて黒の組織が、パーティー会場に爆弾が仕掛けられており、逃げ場なしの緊迫の状態に。

そんな中時限爆弾んの時間を数えるという事になり、

キャンプの時に遊んでいた30秒を数えるゲームが役に立つ時がきます。

時限爆弾のタイマーが見えないので、途中まで灰原がそばで確認し、残り30秒は歩美ちゃんが数えることに

60、59、…

まさに天国へのカウントダウンがスタートです!!

30秒を過ぎても、爆弾の側でカウントをやめない哀ちゃん。死ぬ覚悟をしているんでしょうね。

でもそんな中、自分のいる車を飛び出して、時限爆弾のそばにいる哀ちゃんを連れ戻す元太くん!!!

車から落ちそうになる灰原の手を掴む光彦くん。話しませんよ、絶対に!とキメ台詞もさすがです。

全力で灰原を助ける少年探偵団がカッコイイですよね。

過去の劇場版では目立った活躍がなかった少年探偵団が、終盤では大活躍を見せる初の作品でもあるんです。

ヒロシ
結構好きな劇場版の作品!!
探偵団の団結も良いし、あゆみちゃんのキャラが良い仕事してるんですよね!

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

映画『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』のモデルはどこ?建物のモデルは?

『天国へのカウントダウン』のモデルとなった場所や建物はどこだったのか?

様々な憶測も飛び交っているようですね。

 

エンディングの映像はみなとみらい?

みなとみらいがほんの少しエンディングで使われたらしいですね。

ちなみに、『探偵達の鎮魂歌』にも使われています。

この作品では、映画中の舞台やエンディングの実写で登場しています。

みなとみらいはこれらだけでなく、色々な映画やドラマの撮影に使われていたりと、オシャレな場所として有名な場所ですよね。

お買い物、美術館、イベント、レストランの食事など、沢山のスポットがあるので、一日ではすべて回ることはできないんですよね。

海に面していているので公園もあり、道路も歩道も整備されていて、とても明るく開放感にあふれ、裏町というものが存在しないきれいな街です。

カップルや家族連れにも楽しめる場所です。

 

ツインタワーのモデルはペトロナスタワー?!

「天国へのカウントダウン」で出てくるツインタワーのモデルは、ペトロナスタワーとなっています!(十字路公開時にキッズステーションPPVで放送された、コナン特集番組より)

よく言われている聖路加タワーではないそうですね。

ペトロナスタワーとは、マレーシアのクワラルンプールにあるツインタワーの事らしいです。

タワーのオーナーがペトロナス社であり、そこからペトロナスタワーと呼ばれ、
別称「KLCCツインタワー」とも言いうそうです。

高さ452メートル!!

日本と韓国の会社が、片方ずつ建設したタワーです。

 

ペトロナスタワーは傾ている、、、?

以前サムスン物産建設がハザマを追い抜くため、突貫工事で41階まで建設が進んでいたタワー2に垂直性の問題が発見されました。

経験不足と技術力の限界で自社では解決できず、ハザマにまず相談。

ハザマからの提案はタワー1側からタワー2側を支えるためのブリッジを追加することでタワー2の直立性が維持できたと提案されたそうです。

このことから「タワー2が傾いているのでテナントが集まらない」という噂がありますが、タワー全体でテナント募集しているのはタワー1のみらしく、タワー2は主にペトロナスグループが入居していることを考えればタワー2に入居テナントが少ないのは当然のことですね。

流言の域を出るものではないですね。

まあどうやら、傾いているのは真実のようです。

ヒロシ
実在している建物をモデルにしていく辺りが、名探偵コナンの面白い所でもありますよね!!ペトロナスタワーが傾いているのは心配ですが、、、(笑)

 

映画『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』は同時多発テロ事件を予測していた?

真実であれば衝撃の内容ですね。

ただアメリカで起こった同時多発テロと似ているところがいくつかあるようです。

同時多発テロ事件を予測したといわれる理由は?

アメリカ同時多発テロが起こったのが2001年9月11日。

名探偵コナン5作目『天国へのカウントダウン』が公開したのが2001年GWです。

天国へのカウントダウン』の方が少し先に上映されています。

そして両方ともツインタワービルが舞台なんですよね。高さは全然違うけど似てる気がしますよね。

実際、制作会社側もそう誤解されないように、劇場での上映後『この映画はフィクションです』というテロップを流したそうです。

ヒロシ
少しドキっとしてしまう内容ですね、、。ただ似ている事も多いので連想してしまいますよね。

 

映画『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』のモデルに対するSNSの感想・評判は?

20代H.T様
実在する建物がでたり、見慣れた場所が出てくるので、今回の映画のクライマックスはいつも以上に興奮しました。

『名探偵コナン』シリーズは現代日本を舞台にして、“現実の風景のちょっと先”を描くのが上手いと思います。

30代T.M様
ここに映ってる場所はあそこかな?ここかな?とみんなで話しながら話せるのもこの『名探偵コナン』シリーズの楽しい所ですよね!

ネット上でもいろいろな場所が上がってて楽しいですね。

 

Twitterの口コミもCHECK!

 

まとめ

この記事では劇場版名探偵コナンの『天国へのカウントダウン』のモデルとなった場所や建物、『天国へのカウントダウン』で活躍した人物などを紹介していきましだが、如何でしたか?

モデルとなった場所は何カ所か実在していて、そのモデルとなった場所にも行きたくなる作品ですね。

しかもこの作品では、普段活躍しない少年探偵団も大活躍で、ラストのシーンは本当に感動です。

日々変化している劇場版名探偵コナン、今後の作品も期待ですね!!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼

スポンサーリンク