【名探偵コナンネタバレ】ラムの正体は?黒田兵衛ではないの?

コナン ネタバレ ラム 正体
スポンサーリンク
Pocket

コナンが追っている『黒の組織』は、世界各地に拠点を置く巨大な世界的犯罪組織で、物語に欠かせない最も重要な要素であり、最大の謎でもあります。

今回は、その謎多き組織のNo.2で、コナンの宿敵とも言えるコードネーム『ラム』の正体についてネタバレしていきます。

これまでラムの正体について様々な議論がされてきたので、やっとか!と思っている方も少なくないと思います。

果たして、正体が明らかになったラムは、予想されていた中の人物なのかそれとも全く意表を突く人物なのか。

この記事では、『名探偵コナン』 の最も大きな謎の一つである、ラムの正体ついて、ネタバレでご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ

『名探偵コナン』最大の謎、『黒の組織』。

その組織のNo.2、『ラム』とはどんな人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

ラムってどんなキャラ?初登場はいつ?

『ラム』とは、『黒の組織』のNo.2にしてボスの側近とされている人物です。

もちろん、『ラム』は組織のメンバーである証のコードネームであり、本名はおろか、氏素性や姿形も明らかにされていません。

その存在が明かされたのは、『キール』こと水無怜奈が送ってきたメールがきっかけでした。

 

初登場は『緋色シリーズ』エピローグ!

その名が初めて出てきたのは、コミックス85巻FILE5、アニメ783話『緋色の真相』です。

工藤家に居候する謎の大学院生・沖矢昴の正体が明かされ、死んだとされていたFBI捜査官・赤井秀一の生存が判明した、いわゆる緋色シリーズのエピローグに当たる話です。

FBIの仲間であるジョディやキャメル捜査官を工藤家に呼び、これまでの経緯を説明する赤井秀一。

自分が死んだと組織に思わせる為に、水無怜奈と共に一芝居打ったこと、江戸川コナンこと工藤新一の母・有希子の変装術と阿笠博士の変声機で『沖矢昴』として身を潜めていたこと、これらがコナンの考えであったこと。

そこへ、少年探偵団のメンバーが訪ねてきた為に場所を移して、ジョディとキャメル捜査官に赤井が見せたのが、前述の水無怜奈からのメールでした。

どうやら、彼女は切迫した状況にあり、その中で『RUM』の三文字だけをどうにか打って送ってきたようです。

赤井は、それを補足するように、ジョディとキャメル捜査官に説明します。

『RUM』は組織のNo.2のコードネームでありボスの側近、その人物が動き出したことを、水無は切迫した状況で隙を見て知らせてきたのだろう、と。

その会話を、コナンは別の部屋で盗聴器越しに聞いていたのでした。

 

性別すら分からない?『ラム』の人物像は

その後コナンは、元組織のメンバーだった『シェリー』こと灰原哀に『ラム』について知らないか、と尋ねています。

灰原が語った『ラム』の情報は、

  • 組織のNo.2のコードネームが『RUM(ラム)』
  • 会ったことはないが、組織時代に噂で耳にした人物像は十人十色
  • 屈強な大男?
  • 女のような男?
  • 年老いた老人?
  • それら全部が影武者?
  • 左右どちらかの目が義眼

噂では、『ラム』の人物像はバラバラで、これではどんな人物なのか、判りかねますね。

ただ一つ、『左右どちらかの目が義眼』だというのは、間違いないようです。

そしてこれ以降、『ラム』候補と思われる、怪しい三人の人物が新しく登場してきます。

ヒロシ

組織のボス『あの方』以上に詳細不明の、謎に包まれた『ラム』。

その『ラム』と思われる三人の人物について、考察していきましょう。

 

ラムと予想される3人の候補について

『ラム』の名前が出て以降、『左右どちらかの目が義眼』の条件に当てはまり、灰原が噂で聞いた人物像とよく似た人物が三人登場しています。

以下、その三人のデータをご紹介します。

 

黒田兵衛(くろだひょうえ)

  • 警視庁捜査一課の警察官
  • 初登場回は、コミックス86~87巻、アニメ810~812話『県警の黒い闇』
  • 本来は警察庁に所属していた
  • 大事故に遭い、10年近く意識不明で警察病院に入院していた
  • その事故で顔に火傷を負い、右目が義眼に、黒髪だったのが事故のストレスで白髪に変色し、別人のようになっていた
  • 回復後は、長野県警に出向し捜査一課長に着任、そこで江戸川コナンと初対面する
  • 川中島殺人事件(『県警の黒い闇』)から数日後、警視正に昇格した松本清長に代わって警視庁刑事部捜査一課管理官となった

『ラム』の条件として当てはまるのが、『屈強な大男』なのと『右目が義眼』であることです。

10年間も意識不明だったことと、『白髪になって別人のようになっていた』というのが、気になりますね。

別人が成りすましているのでは?という推測が出来ますので。

 

若狭留美(わかさるみ)

  • 帝丹小学校1年B組 副担任教師
  • 初登場回は、コミックス91巻、アニメ889~890話『新任教師の骸骨事件』
  • 少年探偵団のいる、帝丹小学校1年B組に副担任としてやって来た
  • 怖がりで、かなりのドジっ子
  • そのドジっ子ぶりが、片目が義眼の為ではないか、とコナンは推測している
  • 実際は、強盗団の男三人を一人で倒すほどの度胸と力がある

『ラム』の条件として当てはまりそうなのが、『女みたいな男』と『片目が義眼かもしれない』という点です。

しかし、この人は間違いなく女性ですし、『片目が義眼』にしても、コナンでもまだ推測の域を出ていません。

ですが、いつもコナンを観察している風なのと、事件が起こったりするのを予測しているようだったり、ドジっ子を装いながらコナンたちに事件のヒントを与えている節があります。

また、いざという時のあの豹変ぶりと、腕っぷしの強さ。

ただの新任教師ではないことは、明らかですね。

更に、『若狭留美』という名前にも、秘密が隠されているようなのですが、それは別の項目で後述します。

 

脇田兼則(わきたかねのり)

  • 毛利探偵事務所の隣にある米花いろは寿司の板前。
  • 初登場回は、コミックス92巻、アニメ894~895話『となりの江戸前推理ショー』
  • 交通事故で大ケガをして現在入院中の店員と入れ替わる形で、米花いろは寿司でで働くようになった
  • ひどいできものが左目にできているらしく、それが治るまで左目に眼帯をつけている
  • 江戸っ子口調で、言動が荒っぽい
  • 子供の頃からミステリーが大好きであり、なかなかの推理力を持つ

『ラム』の条件として当てはまりそうなのが、『年老いた老人』と『左目を眼帯で隠していた』という点です。

ただ、この脇田は老人というほどの年齢ではないですし、眼帯をつけているのが本当にものもらいなのか、義眼を隠しているのか、まだ定かで896はありません。

コナンも、眼帯で片目を隠していることで、一瞬『ラム』か?と勘繰っただけで終わっていますしね。

しかし、次に発生した『白い手の女』(コミックス92巻、アニメ896~897話)のエピローグでは、事件の新聞記事を読んでいた時にこれまでとは違う顔を見せています。

その記事では、犯人のプロゴルファーを撃退した帝丹小学校教師・若狭留美の事が取り上げられており、その記事を読みながら『へぇー…こいつァトンチが…利いてるねェ…』と意味深な言葉を呟いていたのです。

ちなみに、時を同じくして黒田兵衛もこの記事を読んで、若狭留美に興味を示していました。

『トンチが利いている』とは、後述する『若狭留美』の名前の秘密と関係あるのでしょうか?

ヒロシ

以上、怪しい三人の人物についてご紹介しました。

次は、もう一人気になる存在『浅香』という人物についてご紹介!

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

17年前の『羽田浩司殺害事件』関係者が怪しいって本当?!

『ラム』に絡んで気になる人物、『浅香(あさか)』。

実際には登場していないのですが、『ラム』が関わっていたとされる、17年前に起きた『羽田浩司殺害事件』の関係者です。

 

羽田浩司殺害事件

ことの発端は、コミックス89巻、アニメ946~947話『婚姻届のパスワード』 にて、羽田浩司の名が出てきたことです。

この話で、羽田秀吉の持つ扇子に小さく『羽田浩司』の名前が書いてあり、また、秀吉が王将戦で勝又力に敗北し、宮本由美と電話している途中、義兄であり元将棋四冠王の浩司の座右の銘『初志貫徹』の話をします。

そのことを聞いた灰原が、『羽田浩司』はAPTX(アポトキシン)4869の被害者一覧に、『工藤新一』の2つ下に記載されている人物だと思い出したのです。

ちなみに、『黒の組織から来た女 大学教授殺人事件』(コミックス18~19話、アニメ129話)にて、APTX4869に関する榛原の発言の背後に出た被害者一覧の中にも、『羽田浩二』の名が『工藤新一』の二つ下にあります。

そしてその後、コミックス89巻、アニメ948~950話『17年前と同じ現場』 にて、江戸川コナン、阿笠博士、灰原の3人は、17年前に浩司が殺害された事件について阿笠邸で調べることに。

ある記事によると、

『浩司はその日、チェスの大会に参加するために渡米して、ホテルに宿泊していた。

彼のファンである資産家のアマンダ・ヒューズも同じホテルにおり、2人は浩司の部屋で会っていた様子だった。

その後、二人はそれぞれの部屋で殺害されたが、死因は不明とされている。』とのこと。

更に、アマンダ・ヒューズには『浅香』という名のボディーガードがいて、事件以降消息不明であり、事件の容疑者とされていること、浩司がハサミを握りしめていたこと、割れた手鏡が現場にあったこと、水道の水が出しっぱなしだったこと、灰原によると、一部分が欠けたその手鏡に刻まれた文字が『PUT ON MASCARA』だということが分かります。

『浩司がハサミを握りしめていた』ことを聞いた阿笠博士は、目暮十三警部に昼過ぎに奥穂町の殺人事件の現場に来るようにいわれていたことを思い出します。

その事件では、阿笠博士と沖矢昴が発明したハサミが現場に残されており、しかも被害者がそれを握りしめていたというのです。

その話を隣の工藤邸で盗聴していた沖矢が阿笠邸に現れ、阿笠とコナンの三人で現場に行くことになります。

 

解かれたダイイング・メッセージ

ハサミを握ったままの被害者、現場に散乱する文字の刻印入りのガラスコップの破片、水が出しっぱなしの水道。

事件現場を捜査し、警察から話を聞いた沖矢は、自分をFBIに駆り立てた17年前の浩司の事件と、今回の奥穂町の事件が酷似しているとコナンに話します。

やがて、『握りしめられたハサミ』と『割れたコップ』が被害者のダイイング・メッセージだと気付いたコナンと沖矢は、見事に事件を解決。

と同時に、17年前の事件現場に残された『割れた手鏡』も、浩司のダイイング・メッセージであったことに気付いた二人は、この現場を早々に引き上げると、それぞれ解読に取り掛かります。

そうして浮かび上がったメッセージは、『ASACA』と『RUM』でした。

17年前の事件も、『ラム』が関わっていたようです。

 

『若狭留美』という名前がキーワードに

ここで、ラム候補の一人、若狭留美の名前について見ていきます。

『若狭留美』をローマ字にすると『WAKASA RUMI』となりますが、実は 『ASAKA』と『RUM』が含まれています。

更に、上手く並び替えると、組織のボスの名である『KARASUMA』も浮かび上がるのです。

『若狭留美』とは、偽名なのでしょうか?

また、脇田兼則が言っていた『トンチが利いている』というのも、名前のことなのでしょうか?

ヒロシ

17年前の事件が、『ラム』の正体に近付く手掛かり?

次は、その『ラム』の正体に迫ります!

 

ラムの正体に迫る!脇田兼則が怪しい?

以上の手掛かりを元に、『ラム』の正体に迫ってみましょう。

今まで見てきた通り、『ラム』候補は、『黒田兵衛』と『若狭留美』、『脇田兼則』の三人です。

いずれもとても怪しい人物ですが、そのうち黒田兵衛に関しては、今年公開中の劇場版『ゼロの執行人』で、正体がほぼ確定したように思います。

まだご覧になっていない方にはネタバレになりますが、この映画のクライマックスで、黒田兵衛が安室透に連絡を取り、指示を出すシーンがあります。

最後に、『抜かるなよ、○○』と言っており、『○○』は口パクだった為、『ゼロ』『バーボン』『安室』『降谷』『零』などと、見た人の間で意見が分かれています。

何と言ったかはともかく、あの状況で安室に指示を出したということは、彼は組織の人間ではなく、公安としての安室に指示を出せる、公安のボスか直属の上司と考えるのが自然でしょう。

仮に『ラム』だった場合、安室の正体を知っているなら組織に黙っていることになりますし、知らない場合でも、表向き一般人の安室にあの状況で指示を出していることになるので、矛盾しかありません。

よって、若狭留美と脇田兼則のどちらかということになります。

若狭留美に関しては、前述の名前の件から、アマンダ・ヒューズのボディーガード『浅香』である可能性もあります。

あの度胸と腕っぷしなら、有り得ないことではないですね。

となると、脇田兼則が一番怪しい?

ただの板前さんではないことは確かですが、果たして?

ヒロシ

脇田兼則が一番怪しいですが、その真相はまだ分かりませんね。

男性か女性かまずははっきりさせてもらいたいですよね!

 

漫画『名探偵コナン』に対するSNSの感想・考察は︖

サキ
結局、誰がラムなのかしら?

怪しいキャラは三人いるけど、まだ誰なのかはっきりしないね。

私としては、一番怪しいのは、板前さんの脇田兼則かな。

誰なのか、早く知りたいわ!

続きが気になる!

ミクリ
そうね。

私も、この後どうなるのか気になるわ。

そういえば、序盤の哀ちゃん登場回から羽田浩司の名前があったということは、青山先生は、初めからこれを伏線として考えていたのかしら?

だとしたら、凄い!

ボスの正体が分かったとはいえ、またまだ謎だらけだし、今後の展開が待ち遠しいわ!

 

Twitterの⼝コミもCHECK︕

 

まとめ

この記事では、『名探偵コナン』 の最も大きな謎の一つである、ラムの正体ついて、ネタバレでご紹介してきましたが、如何でしたか?

ここまで、『ラム』が一体誰なのか迫ってみましたが、皆様は誰が一番怪しいと思いますか?

私が一番怪しいと思うのは、やっぱり『脇田兼則』ですね。

『名探偵コナン純黒の悪夢』を見れば、女性のような気もしなくはないですが、作者の思惑通りだと考えれば『ラム』は男性の可能性が高いと思われます!

実際のところ誰なのか、この謎がどう解き明かされていくのか、楽しみですね!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼