名探偵コナン迷宮の十字路を聖地巡礼!玉龍寺は実在するの?

迷宮の十字路 聖地巡礼 玉龍寺
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路』聖地巡礼をしたい方のために、玉龍寺は実在するのかについて詳しくご紹介していきます。

劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路』の舞台となっている場所といえば京都。

日本の古くからの街並みを保ち、とても風情のある情景の広がる京都はいわずと知れた観光地ですよね!

そんなこともあり、映画を見てから聖地巡礼したい!聖地巡礼してきた!なんて声えをよく聞きます。

その中でも注目すべきスポットと言えば平次が犯人トラストに闘うお寺の『玉龍寺』。

そこで今回は、劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路』聖地巡礼したい方のために、玉龍寺は実在するのかについて詳しくお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧ください。

スポンサーリンク

映画『名探偵コナン 迷宮の十字路』聖地巡礼スポット

 

JR京都駅

旅の始まりは、ここから始まる!

政令指定都市であり近畿圏の主要都市のひとつであり、また年間を通じて膨大な観光客を受け入れている京都市の玄関。

東海道新幹線の全列車が停車する。

そのほか、JRには北陸・山陰・関西空港・南紀方面、近鉄には奈良・橿原神宮・伊勢志摩方面など、各地を結ぶ特急列車が発着します。

JRについては在来線特急の発着種類が日本一多い駅なんですよね。

観光客はもちろん、京都市内あるいは各線乗換利用の通勤通学客も多く、1日平均の乗降人員が各社合計で70万人の日本で有数のターミナル駅であり、第1回近畿の駅百選に選定されているんですよ!

 

清水寺

清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院。

広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つです。

また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地として有名ですよね!

そのため、季節を問わず多くの参詣者が訪れるスポットであり、修学旅行で訪れたなんて方も多いはず。

古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産にも登録されている日本の宝と言える寺なんですよ。

清水寺の宗旨は、当初は法相宗で、平安時代中期からは真言宗を兼宗していました。

明治時代初期に一時真言宗醍醐派に属しますが、明治18年に法相宗に復します。

昭和40年に当時の住職大西良慶が北法相宗を立宗して法相宗から独立したとされてます。

 

五条大橋

尋常唱歌の『牛若丸』によれば、五条大橋は弁慶と牛若丸が出会ったとされる場所。

『義経記』によれば2人の出会いは清水観音の境内とされています。

また、平安時代の五条通は現在の松原通に相当することから「五条の橋」は現在の松原橋付近とする説や2人の出会いの地は西洞院であったとの推測もなされているんですよね。

現在の橋の西側の中央分離帯には、その状景を模した京人形(御所人形)風の2体の石像が設置されたが、2009年4月に始まった下水道工事にともない扇塚の西側に移設されたそうです。

しかし、下水道工事の終了に伴い2012年4月に中央分離帯に再設置され、併せて噴水や時計台が設置されています。

橋の高欄の上には擬宝珠が飾られており、その中には1645年(正保2年)の銘が刻まれているものもあるんですよ。

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

映画『名探偵コナン 迷宮の十字路』の”玉龍寺”って本当にあるの?

 

劇中に出てくる「玉龍寺跡」は存在しない?

名探偵コナン『迷宮の十字路』のラストで出てくる”玉龍寺”の話しをする前に、忘れてはならないのが”仏光寺”。

劇中でコナンが、仏光寺の近くに「玉龍寺跡」と言う碑を見つけるシーンがあるんですよね。

しかし、実際に仏光寺に行ってみると「玉龍寺跡」というのは存在しない。

その場所は、駐車場になっているようです。

 

仏光寺

「仏光寺」と新字体で表記されることもあるが、正式表記は「佛光寺」。

京都府京都市下京区にある真宗佛光寺派の本山。

京都渋谷に寺基があった頃(1300年代後半 – 1400年代前半)は、同じ浄土真宗の本願寺をしのぐ勢力があったといいます。

また、佛光寺の境内には、2014年11月にオープンした素敵な和の空間を生かした「d食堂」と、京都セレクトをテーマに地場産業や工芸品、雑貨等を扱う「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」があります。

それらの店舗は「D&DEPARTMENT」「佛光寺」「京都造形芸術大学」との協議によって誕生した店舗なんだそうです。

「D&DEPARTMENT」は、家具や雑貨を販売する店舗とカフェを展開しており、佛光寺内のショップは全国10店舗目としてオープンしたんだそうです。

聖地巡礼に疲れたら、休憩として行ってみてもいいかもしれませんね♪

 

やっぱり”玉龍寺”は、存在しないの?

名探偵コナン『迷宮の十字路』のラストに平次が犯人と戦う寺ということもあり、ファンとしては是非聖地巡礼したい寺No.1といえば”玉龍寺”ですよね。

しかし、「仏光寺」で登場した「玉龍寺跡」は、存在しませんでした。

そこで映画のパンフレットを見直してみたところ、”玉龍寺”の情報が少しだけ記載されていました。

ということで、結果から言うと”玉龍寺”は架空の寺という事が判明しました!

そして、モデルとなっているのは玉龍寺は鞍馬寺の本殿のようです。

 

”玉龍寺”のモデルの鞍馬寺って?

鞍馬寺は、日本の京都府京都市左京区鞍馬本町に所在する寺です。

1949年までは天台宗に属したが、以降、独立し鞍馬弘教総本山となっています。

鑑真の高弟・鑑禎により開山されたとされ、本尊は寺では「尊天」と称しているそうです。

「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊なのだそう。

京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置しています。

鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名であり、能の『鞍馬天狗』でも知られています。

なお、鞍馬寺への輸送機関としてケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者ともなっているだそうですよ。

 

映画『名探偵コナン 迷宮の十字路』もう1つ架空の寺がある?

毛利小五郎に仏像探しを依頼したお寺である”山能寺”。

物語が進んでいくと服部平次が初恋相手(着物姿で手鞠をつく少女)と出会った場所であることも明かされていましたよね。

映画冒頭で登場した桜が舞うシーンが印象的なこともあり、こちらも是非行きたい聖地巡礼スポット。

しかし”山能寺”というお寺は実在せず、映画のみに登場する架空のお寺とのこと。

映画は「山能寺」に祀られている秘仏が過去何者かに盗まれ、そのことが劇中で起こる事件に深くかかわっていたという話。

なので、実在するお寺を舞台にする訳にはいかなかったのでしょう。

万が一、模倣犯や愉快犯が生まれてしまっては問題ですからね!

映画冒頭で桜が舞う中、服部平次が初恋相手の手鞠歌を格子窓から見つめるシーンが、印象的だったので何だか残念。

 

”山能寺”にはモデルが存在する?”山能寺”の大きな4つの特徴とは?

  • しだれ桜
  • 庭に池
  • 正門周辺は住宅街
  • 本堂の後ろがお墓

京都市内だけでも1,500を超える数のお寺があると言われているので、これだけの情報では特定するのは難しいですね。

ということで、ネットに頼り、情報を集めてみるとソース不明の情報ながら山能寺のモデルの候補として3つのお寺の名前がでてきましたので、ご紹介しておきます。

 

醍醐寺

所在地:〒601-1325 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

 

龍安寺

所在地:〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13

 

天龍寺

所在地:〒616-8385 京都府京都市右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

 

名探偵コナン『迷宮の十字路』聖地巡礼!玉龍寺に対する視聴者の感想・反応は?

 

まとめ

今回は、劇場版名探偵コナン『迷宮の十字路』聖地巡礼したい方のために、玉龍寺は実在するのかについて詳しくお届けしてきましたがいかがでしたか?

劇中では、かなりリアルに京都の街を再現しているため、架空の寺が存在するとは思っても見ませんでした。

しかし、実在しなくてもモデルになった寺があるということなので、そちらにも足を運んで見比べてみるのも楽しいかもしれませんね!

ただ、劇中の”玉龍寺”と”山能寺”意外は実在する場所という事なので、ぜひ聖地巡礼してみてくださいね!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼

スポンサーリンク