名探偵コナン黒の組織のボスは光彦?伏線は?

コナン 黒の組織 ボス 光彦
スポンサーリンク
Pocket

この記事では、『名探偵コナン』に登場する黒の組織のボスが光彦なのではないかという疑問について詳しく解説して行きます。

『名探偵コナン』のメインストーリーとなっている黒の組織のボスは一体誰であるのか。

果たして少年探偵団の仲間である光彦なのでしょうか!?

原作者の青木剛晶先生曰く、組織のボスは既に登場している意外な人物であるということが言及されています。

それでは早速、『名探偵コナン』黒の組織のボスの正体についての考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ
意外な人物であるということは、光彦かもしれませんよね!

光彦が組織のボスだとしたら意外過ぎます!

スポンサーリンク

メンバー全員が黒い衣装を身に着けている黒の組織とは

作中では別名『黒ずくめの組織』とも称されています。

構成員が全身黒い衣装を身に着けていることからついた仮称で正式名称は不明です。

工藤新一が第一話でAPTX4869を飲まされてコナンへと姿を変えた原因を作ったのがこの組織です。

第一話ではジンとウォッカが登場しますが、その後ストーリーが進むにつれて、他にもメンバーがいることが明らかになります。

メンバーは全員、お酒の名称のコードネームを持っています。

組織からの脱退を図った灰原哀もシェリーというコードネームでした。

 

黒の組織を構成する重要メンバーは誰?

黒の組織には、安室透や赤井秀一をはじめとした、国家組織からのスパイがたくさん潜入して、まるで多民族国家となっています。

元々の構成メンバーと潜入メンバーが入り混じって誰が誰だかわからなくなっている方もいると思いますので、重要なメンバーをご紹介します。

ラム

ラムはNo.2に位置しています。

幹部クラスの中でも破格の存在で、実行部隊のリーダーであるジンやベルモットなどは命令に逆らうことができません。

また慎重な性格であることがわかっています。

灰原の情報によると、屈強な大男、女のような男、年老いた老人など。

これらの情報はあくまでも噂であり全てが影武者ともいう人がいたくらいです。

事故で目を負傷してどちらかが義眼であることだけは確かなようですが、はっきりした情報では無いようです。

 

ベルモット

組織の女性幹部です。

シャロン・ヴィンヤードという名前で、ハリウッドで活躍する人気女優の顔を持っています。

主な役割は、情報集や暗殺、取引のサポートなどです。

『千の顔を持つ魔女』の異名を持っており、変装の達人で老若男女問わず化けることができます。

変声期を使わずに、声帯模写も行います。

コナンと直接接触したこともあります。

 

その他のメンバー

  • キャンティ
  • コルン
  • ジン
  • ウォッカ
  • キール
  • ライ
  • バーボン
  • キュラソー

 

組織で一番偉いのは誰?

黒の組織の頂点に君臨している人物は『あの方』と称されています。

正体は明らかになっていません。

ヒロシ
黒の組織のメンバーっていっぱいいるんだねー。コナンはこれだけ接触してて狙われないのが不思議。笑

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

黒の組織のボスはいったい誰なの?

コナンで一番の謎が黒の組織のボスは誰であるかということ。

原作者・青山剛昌によると、既に登場人物の中にいるということが明らかになっています。

つまり、良い役を演じているキャラクターが実は裏切り者か、または既に失踪・死んでしまった人物が組織のボスであるという可能性があります。

 

烏丸蓮耶説

烏丸蓮耶という大富豪が黒幕ではないかという説が濃厚です。

ファンの考察でも度々名が挙がっていた人物だが、まだ素性は謎に包まれています。

烏丸蓮耶の名前が挙がったのには17年前に殺害された羽田浩二が残したダイイング・メッセージが関係しています。

事件は解明されていなかったが、灰原からアポトキシン4869(コナンが飲んだ毒薬)を飲んだ人物リストに羽田浩二がの名前があった事をコナンは聞かされ、黒の組織が関与していた事件だということが発覚します。

コナン達が羽田浩二殺人事件を追っていくと、羽田浩二がダイイング・メッセージを残していることが明らかになります。

殺害現場には手鏡が散乱していました。

この手鏡は当時、化粧品メーカーがマスカラと同時に売り出した商品らしく、灰原の姉も持っていたものです。

この手鏡には『PUT ON MASCARA』と書かれていました。

現場の手鏡は作為的に割れており『PTON』 の箇所だけ別の場所にありました。

コナン達はこれを羽田浩二が残したダイイング・メッセージだとみなし、『PTON』を除いた『U MASCARA』がなんらからの暗号だと考えます。

コナンはこの文字を並び替え『ASACA RUM』と解釈していた。

まず『RUM』というのは黒の組織のNo.2のコードネームのことをさします。

そして羽田浩二は自身の大ファンであるアメリカの資産家・アマンダと行動を共にしていました。

そのアマンダのボディーガードが『浅香(ASACA)』という人物で、事件後の消息は不明であった為、コナンはRUMの正体が『浅香』という人物ではないかと考えたのでした。

しかし、コナンの父親は違った答えを導き出します。父親は『ASACA』と『RUM』二つの単語で考えるのではなく、一つの単語のアナグラムであると考えたのです。

その答えが『CARASUMA』である。それはつまり以前少しだけ登場した烏丸蓮耶のことを指していたのです。

烏丸蓮耶はコミックス第30巻のFile4『惨劇』で登場しています。

しかし、実際に姿を現しているわけではありません。(シルエットでは登場します。)

この事件は、ある洋館に隠された宝を呼び寄せられた探偵達が見つける、という話なのですが、その洋館の持ち主こそが烏丸蓮耶でした。

ここで、烏丸蓮耶は半世紀前に99歳で謎の死を遂げていること、莫大な資産を持つこと、カラスを紋章にしていること、が明らかになっている。

その後、すでに100歳を超えているという情報もある。

烏丸蓮耶は生前にある事件を起こしています。

烏丸蓮耶は母親から『黄昏の洋館』を託されました。

その洋館には隠された財宝があると言われていました。

死期を間近に感じる烏丸蓮耶は大勢の考古学者を呼び寄せ、財宝を見つけさせようとしましたが、考古学者たちはその財宝を見つけることができませんでした。

死に焦る烏丸蓮耶は激昂し、次々と考古学者を殺害していきました。

この事件からは烏丸蓮耶が暴力的な面とを持ち、一方で死に怯えていることがよくわか理ました。

大量殺人事件だが、この事件は表に出ることはなく、揉み消されたのでした。

烏丸蓮耶はすでに死んだとされているが、組織のボスであるならばまだ生きているはずです。

実際に生きているのであれば150歳近いはずですが、コナンのようにアポトキシン4869を服用して若返っている可能性があります。

灰原は以前『死者を蘇らせる研究』をしていたと話していたので、死んで生き返っている可能性もあります。

コナン達は以前、『人魚の棲む島』と呼ばれる孤島に行ったことがあり、その島には人魚の肉を食べれば不老不死になるという伝説がありました。

コナンは以前ベルモットがボスにメールを打つのを見て、なぜか懐かしいという感情を感じたことがありました。

それはベルモットが打つ番号のプッシュ音が『七つの子』という歌になっていたからです。

ボスは自身のメールアドレスを『七つの子』が奏でられるように設定していたのです。

『七つの子』とは『カラスなぜなくの〜♪』というあの有名な童謡です。

ここにも『カラス=烏丸』という伏線が張ってありました。

 

アガザ博士説

密かに噂になっている阿笠博士黒幕説ですが、作者である青木剛晶氏によって否定されています。

しかし黒幕説を疑わざるをえない理由がたくさんあるのです。

まず、阿笠博士の名前のモデルであるアガサ・クリスティは、コナンの名前のモデルである小説家、コナン・ドイルを良く思っていなかったそうなのです。

また、2001年公開の映画『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』で、黒の組織のメンバーが「車で逃げたのは子供とジジイだ」と発言するシーンがあります。

子供というのはもちろんコナンのこと、そしてジジイとは阿笠博士なのではないでしょうか?

博士がジンに密告したと解釈できなくもないです。

その他にも様々な疑わしいシーンがあることから、阿笠博士黒幕説は囁かれているのです。

コナン達をおびやかす犯罪組織、黒の組織。黒の組織は構成されてから年月が長く、半世紀以上前からあると言われています。

すると当然ボスは50歳以上である為、52歳である阿笠博士は当てはまります。

それに黒の組織が求める人物は“科学者、発明家、プログラマー”。

これは発明家である阿笠博士が真っ先に疑われても仕方がありません。

コナンの様子を見ながら、わざといろいろな発明品を提供しているとも考えられますよね。

黒の組織のメンバーたちのコードネームは、実は全てお酒からとられたものです。

ラム、ジン、ウォッカ、バーボン、ベルモットなど・・・。

そして、なんと”アーント・アガサ”というカクテルが存在するのです。

 

白鳥任三郎警部説

黒の組織に所属しているメンバーはすべてお酒にまつわるコードネームがつけられており、白鳥任三郎警部が黒幕だと言われている最大の理由は、「白鳥」を連想させるホワイトスワンというカクテルがあるからです。

毎回登場する人物でないからこそ、なんとなく妖しさを感じます。

作者は、ボスは意外な人物でありながらもハッピーエンドで物語は終わると言っているので、白鳥刑事はコナン達とちょうど良い距離感のようにも感じます。

ヒロシ
ボスが烏丸というのはほぼ確実そうですね。問題は彼の姿を誰も見たことがないということですね。

 

黒の組織のボスは光彦だった!?

黒の組織のボスが光彦なのではないかという噂、説について解説していきます。

 

少年探偵団の光彦とは!

コナンの同級生で少年探偵団の一員。両親が教師であり家のしつけが厳しいため、同級生に対しても常に丁寧語を使う礼儀正しい少年。

小学1年生とは思えないずば抜けた知識を持ち、少年探偵団の他のメンバーに比べると成熟している印象。

灰原と歩美の両方を好きになってしまった自分を『いけない男』と評している。

いつもはコナンの影に隠れがちだが、少年探偵団がコナンに頼れない時などは、持ち前の知識を生かした推理力とコナンにはない子供らしい発想力、そして小学生離れした行動力で少年探偵団を引っ張る影のリーダーのような役割を果たしている。

 

光彦が『黒の組織』のボスという3つの理由

光彦が『黒の組織』のボスということを検証するにはそれなりの理由が必要になります。

ここで、現時点で光彦と『黒の組織』をつなぐ、3つの理由についてご説明します。

 

光彦を変えるとお酒の名前になる!?

光彦を英語で表すと、

光=ピカ

彦=ドール

よって、ピカドールとなる。

ピカドール(Picador)と聞いて、
お酒を思い出す方もいらっしゃるかと思うが、ピカドールはメキシコのテキーラの一種である。

あなたもご存知の通り、黒の組織のコードネームはお酒の名前。

 

小学生離れした知識と推理力が怪しい!

光彦は小学1年生とは思えないほどの知識と推理力を発揮しているため、

『あの方』がアポトキシンを飲んだ姿なのではないかと言われています。

 

灰原への関心が強い

光彦は灰原に好意を寄せています。

これは実は灰原がシェリーであることの確信を得るために彼女に興味があるのではないかと考えられています。

ヒロシ
ここから考えると確かに光彦が黒の組織のボスと言われても納得できてしまいますね。

ですが、もっと黒の組織に近い人物がたくさんいるので、結局のところはわかりませんね!

 

『名探偵コナン』黒の組織ボス光彦に対するSNSの感想・評判は?

20代H.T様
名探偵コナンは本当に人気の漫画ですね。

原作よりもアニメで親しんでいる人の方が多そうです。

映画は毎年大ヒットしています。

今年2018年はバーボンこと安室透に焦点を当てた映画が公開されました。

空前の大ヒットの様子です。

30代T.M様
アニメでは、時折スペシャルで黒の組織を絡めたストーリーが放送されます。

通常回とは別に主軸の話も用意されている点が面白いですね。

映画でも黒の組織が登場するものがいくつかあります。

漆黒の追跡者、純黒の悪夢、異次元の狙撃手あたりは黒の組織の出番も多めです。

異次元の狙撃手のラストシーンでは劇場に悲鳴が上がったそうな・・・。

 

Twitterの⼝コミもCHECK!

 

まとめ

この記事では、『名探偵コナン』に登場する黒の組織のボスが光彦なのではないかという疑問についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

ボスの正体が烏丸という事がほぼ確定していますが、烏丸にはまだまだ疑問がたくさん残っています。

烏丸がどのようにして長寿を得ているかという点について、おそらく光彦こそが烏丸の若返った姿なのでは?と考えられます。

おそらく物語が完結するまでにはその正体が明らかになるものと思われますが、光彦だったら意外過ぎる人物になりますね!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼

スポンサーリンク