名探偵コナンネタバレ最新1014話「黒田管理官の正体とは」

名探偵コナン-ネタバレ-1014
スポンサーリンク
Pocket

この記事では、2018年6月13日(水)発売の少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1014話のネタバレ・感想をご紹介します!

前回1013話から、千葉刑事と三池苗子の恋愛に注目したシリーズが始まりましたね。

初回から百崎がカラオケの帰りに謎の男に殺害されることから始まり、今回1014話では八木が殺害されることになってしまいました。

2人の殺害に共通して使われたスタンガンについて、現実では所持することが合法なのか違法なのかについて、疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

スタンガンの威力や、スタンガンにまつわる法律についても解説していきたいと思います!

それでは2018年6月13日(水)発売の少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1014話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ
恋愛シリーズだと聞いていましたが、早速2人も殺されてしまうあたりが名探偵コナンらしいと思いました。

事件の容疑者は3人殺害するようなことを言っていたので、3人目は三池という事になるのでしょうか。

関連記事:名探偵コナンネタバレ最新1013話「三池苗子の恋愛模様」

スポンサーリンク

交通ルールを守るようになった少年探偵団たちが微笑ましい!

最新1014話の冒頭部分では、しっかり手を挙げて横断歩道を渡る少年探偵団のコナン達が描かれました。

前回1013話では信号無視をした元太が交通ルールについて教えてもらっていたので、その教訓が生かされていますね。

そんな探偵団の前に、パトロール中の三池達が通りかかります。

するとパトカーから『あら、ガキ共!横断歩道を手を挙げて渡るなんてお利口さんじゃない!』と褒められました。

 

日本の道路標識はイギリスを参考にして作られた?

少年探偵団達は、1013話で三池に道路標識について教えてもらった際に、日本の道路標識がイギリスを参考にして作られたことも併せて教えてもらいました。

イギリスの道路は日本と同じ左側通行で、国内の車の大部分が右ハンドル車なので他のヨーロッパの国に比べると、日本人になじみのある国だと言われています。

同じ左側通行なので交通ルールもあまり変わりがなく、標識はほとんど同じです。

戦後日本で交通のルールが作られる際に、参考にされたようで日本特有のルールや標識もありますが、大体同じつくりになっています。

日本で免許を取った方なら、イギリスでもいきなり運転できるくらい同じなので海外旅行に行った際にはレンタカーで運転してみては如何でしょうか?

道路標識はわかりやすく、都市部以外では交通量も少ないので、運転はさほど難しくはありません。

また主要都市を結ぶ高速道路は通行料はほとんど無料ですし、幹線道路はよく整備されていて、移動もスムーズに行えます。

小さな町にも必ずあるB&Bに泊まりながらの旅は、現地の人とのふれあいの機会にもなります。

そして何よりものどかな田園風景の中を、自らハンドルを握って気ままに旅することの楽しさ、心地よさは一度味わうとやめられないらしいですよ!

ヒロシ
海外の広い道路で気持ちよくドライブしてみるのも面白そうですよね。

国と言語が違っていても、標識が同じというのには親近感を覚えますね。

 

百崎の遺体がようやく発見される

前回1013話の最後に謎の男に殺されてしまった警察官百崎の遺体が公園で発見されました。

警察官であり、柔道三段の腕前を持つ百崎を殺害する程の人物となれば、被疑者もかなり腕の立つ人物だと考えられます。

遺体と現場にある手がかりは、捻じ曲げられた100円玉ただ一つと思われていましたが、現場に野次馬で見学に来ていたコナンがあることに気が付きます。

『人差し指は何ともないのに、中指と薬指と小指の第一関節に擦り傷があるよ!』と。

これは、百崎が息絶える前に何かのメッセージを指さしていた事を示しているとコナンが推理します。

その指をさしていた方向には、公園のブランコが。

 

柔道三段の警察官に勝つにはどれ程の強さが必要?

柔道三段の実力者である百崎を押し倒して殺害した犯人はどれだけ強いのでしょうか?

現実的に柔道三段の保有者である警察官を殺害する事が可能なのか考えてみたいと思います。

日本発の格闘技としてオリンピック種目にまでなった柔道は、学校の体育にも採用されているので、経験者も多いと思います。

柔道の正式名称は『日本伝講道館柔道』と言い、総本山の講道館では、段級位制を採用して柔道の技能を認定しています。

段位は試合の成績や修行の年数などから決められ、強者の証である『黒帯』は初段から締めることができます。

百崎は三段だという事で、黒帯を締めている実力者という事になります。

もちろん三段を持っている人の中でも強い人弱い人がいますが、一定の強さは保証されています。

それに勝つためには同等以上の実力者である必要があると言えます。

百崎を殺害した男も柔道をやっていた可能性もありますし、スタンガンという武器を持ち出してしまったら段位に関係なく勝つことが出来ますね。

ヒロシ
柔道三段であっても、スタンガンを持ち出されたら手も足も出ない状態になってしまうのですね。

どれだけ自分が強いと思っていても、迂闊に手を出すことはできませんね。

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

被疑者の自宅へ行った八木が殺害されてしまう!?

事件を聞きつけた八木が事件現場の公園に駆けつけてきます。

八木は殺された百崎の高校時代の同級生で、とても仲が良かったのです。

ブランコという手がかりについて何か思い当たることはないかと聞かれた八木は、『ブランコとは関係ないんだけど、1週間ぐらい前から誰かにつけられて・・・』と何かに気づいた様子。

“ハッ”とした表情を見せた八木ですが、思い違いかもしれないから、はっきりわかってから連絡するとだけ言い残して現場を後にしました。

現場を後にした八木は、思いついた容疑者の家へたった1人で向かったのです。

容疑者の部屋へ着くと『よくここが分かったな、さすが日本の警察は優秀だ。』と出迎えられます。

クソ虫に用はないと、ドアを閉めようとする容疑者にドアを閉められまいとドアを掴むと

“ビリビリッ”

容疑者が持っていたスタンガンで八木は気絶させられてしまいました。

そのままマンションの高いところから地面へ落とされ、殺害されてしまったのでした。

 

百崎と同じスタンガンで殺害された!?

百崎を殺害した容疑者の見当がついた八木はその自宅まで押しかけますが、スタンガンで気絶させられて殺害されてしまいましたね。

このことから、八木の予想していた容疑者があっていたということが分かりますね。

百崎が気絶させられたスタンガンと同じスタンガンで八木も気絶させられ、殺害されてしまったという事になります。

スタンガンは、実際に人が気絶する事はなく、人体に直接害ながないよう安全な電流値に抑えて設計されています。

感電すると体中に激痛が走り、前身の筋肉が硬直して自由が効かなくなって倒れてしまいます。

感電後は数分間放心状態になり、足がガクガクになりますが意識はあるようです。

なので、スタンガンで直接殺害された訳ではなく、スタンガンによって気絶させられてしまって、マンションから投げ出されて殺害されたという事になりますね。

 

スタンガンは合法で誰でも持てる?

結論から言ってしまうと、スタンガンの所有は合法です。

完全に合法であるのは所有であって、似ていますが所持ではありません。

所有というのは、自分のものとして有することで自宅やオフィスにスタンガンを置いておく場合が所有に当たります。

ここで所有すること、スタンガンを自分のものとして有することは、法律に一切触れていません。

スタンガンそのものが違法だとしたら、販売しているお店が全部摘発されることになります。

一方所持は身につけて持ち歩くことのことを言い、実際に身に着けて街中に出ると所持に当たります。

このとき、軽犯罪法という法律に触れる恐れがあります。

 

軽犯罪法とスタンガン

軽犯罪法に記されていることは、『正当な理由なく武器などを持ち歩いてはならない』という事です。

軽犯罪法において武器とは、『鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具』という定義がされています。

スタンガンは相手に電気を流して動けなくさせることはありますが、果たして武器に該当するのかという問題があります。

電流は人体に安全で、相手に怪我させたり後遺症を残したりすることはありません。

この安全であるスタンガンは、果たして武器に該当するのかどうかという議論があります。

現状では警察の見解だとスタンガンは武器という事になり、所持していると軽犯罪法で摘発される事例が多く存在しています。

ヒロシ
スタンガンは警察官であっても簡単に気絶状態にさせることが出来てしまうので、警察からすると自分たちのみの危険があるので、違法という事にして取り上げたいのですね。

ですが市民からすればやはり自分の命を守るための護身道具として、所持しておきたいものです。

 

黒田管理官が八木の事件現場に!?

『杯戸町三丁目の路地裏で女性が頭から血を流して倒れている旨の通報あり!』という指令で、現場の近くにいた千葉は現場に急行します。

事件現場に到着すると、そこには黒田管理官が。

『たまたま近くを通りかかったんで、臨場したよ。』

『まあ、これではっきりしたワケだ・・・』

事件現場に残されている捻じ曲げられた100円玉は桜がちりばめられている、そして日本警察のエンブレムも桜をモチーフにしたものだったのです。

『これは女性警察官、連続殺人事件だ。』

 

本シリーズで黒田管理官の正体が判明する!?

黒田管理官は警視庁捜査一課の管理官でありますが、以前は黒の組織No.2のRUMなのではないかと言われていました。

しかし、いくつかの理由からRUMではない説が現在は主流となっており、その正体について様々な議論がされています。

 

公安警察『ゼロ』のボス説

映画『名探偵コナンゼロの執行人』で少しだけ映った⿊⽥管理官の電話から、その正体に迫ることが出来ます。

警視庁に探査機が落ちるというシーンで、安室とコナンの『爆破』を容認し、『ぬかるなよ』と黒田管理官は電話していました。

電話の相⼿は現場にいる安室透と考えられていて、黒田管理官はこっそり会議を抜け出して安室さんに指⽰&許可を出した安室透の実質的なボスという事になります。

これまで、安室透が裏で情報を流していた相⼿は⿊⽥管理官という事になり、⿊⽥管理官が情報を得ていたのは、安室透からという事で辻褄が合います。

今回、事件現場に急行してきたのも、安室透から情報を受けてやってきたと考えるなら話が合いますね。

ヒロシ
黒田兵衛は見た目からして、何かのボスって感じがしますよね。

片目がつぶれているのも何かの事件によるもので、裏を感じる要素の一つですね。

関連記事:名探偵コナンネタバレ最新1015話「犯人は現場へ戻る」

 

漫画『名探偵コナン』最新1014話を読んでみた感想

前回は千葉刑事と三池苗子のラブストーリーズかと思いきや最後の最後に事件発生という展開だったので、案の定1014話で大事件が起こりましたね。

コナンくんの頭の中で安室透が1コマだけ登場していたのに期待できます。

今回のシリーズでも安室透さんが活躍するという伏線になっている事間違いなしです。

 

読者の感想・評判は?

20代H.T様
言われたことを素直に守る少年探偵団の皆がかわいかったです。

コナンと灰原の幼い演技をしている感じも最高に好きですね。

パトカーが完全にN-ONEだったので、コナンは車好きも楽しませる漫画だと改めて感じました!

30代T.M様
百崎に続いて八木まで殺害されてしまって、コナンの登場人物がどんどん減っていってしまいます。

巷では、あの方の正体も明らかになった事で完結に近づいているのではないかと言われていますが、まだまだコナンには続いていってほしいです。

もしコナンが終わったとしても、安室透のシリーズを誰かに作ってもらいたいです(笑)

 

Twitterの感想もCHECK!

 

まとめ

この記事では、2018年6月13日(水)発売の少年サンデー掲載漫画『名探偵コナン』最新1014話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、如何でしたか?

新シリーズが恋愛物だからと気を緩めていたら序盤からまさか2人も殺害されてしまいました。

この突然の展開が『名探偵コナン』の面白いところで、引き込まれてしまいますよね!

次回1015話では3人目のターゲットとみられている三池苗子に対して何か事件が起こりそうですね。

終結に近づいていると言われることもありますが、まだまだ面白いストーリーが続いていきますよ!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼