名探偵コナン黒幕の正体が確定!最新考察を詳しく解説

コナン 黒幕 正体 最新
Pocket

スポンサーリンク

この記事では、『名探偵コナン』黒幕の正体が確定と話題!そこで最新情報ならびに最新考察をご紹介していきます。

黒の組織の黒幕であるボスは、メンバーの間で『あの方』と呼ばれ、これまで全くの謎に包まれていましたが、12月13日発売の『少年サンデー』でその正体が遂に明らかとなりました。

ジェイムズ・ブラックや円谷 光彦が正体なのではないかと予想されていましたが、最新の正体は『烏丸 蓮耶』という事が判明しました!

烏丸蓮耶が『あのかた』の正体という事が判明した理由についても考えていきます。

それでは『名探偵コナン』最新の黒幕の正体についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ

新一を小さくした張本人である、黒の組織。

その組織とは何なのか、目的やボスの正体について見ていきましょう。

『名探偵コナン』最終回の鍵を握る黒の組織とは?

未だ、正式名称も目的も規模も謎に包まれた、世界中の諜報機関や捜査機関が追っている国際的犯罪組織です。

組織のメンバーが皆、全身黒ずくめの格好をしていることから、『黒の組織』や『黒ずくめの組織』などと呼ばれています。

メンバーには、コードネームとしてお酒の名前が与えられていますが、現時点で判明しているメンバーを挙げてみましょう。

  • ジン
  • ウォッカ
  • テキーラ
  • シェリー(灰原哀/宮野志保)
  • ベルモット(クリス/シャロン・ヴィンヤード)
  • ピスコ
  • カルバドス
  • キール(水無玲奈)
  • ライ(赤井秀一)
  • バーボン(安室透)
  • キャンティ
  • コルン
  • スコッチ
  • アイリッシュ
  • キュラソー
  • アクアビット
  • スタウト
  • リースリング
  • ラム

この内、テキーラ、ピスコ、カルバドス、スコッチ、アイリッシュ、キュラソー、アクアビット、スタウト、リースリングは死亡、ライ(赤井秀一)とシェリー(灰原哀こと宮野志保)は組織を抜けています。

ラム(RUM)は組織のNo.2ですが、今のところコードネームとボイスチェンジャー越しの声しか判明しておらず、性別も正体も不明です。

ラム候補の怪しい人物は三人いるのですがね。

長野県警から警視庁の管理官となった、黒田兵衛。

帝丹小学校にやってきた、コナンのクラスの副担任、若狭留美。

毛利探偵事務所の隣の寿司屋・いろは寿司の板前、脇田兼則。

今年の映画『ゼロの執行人』で、この内の一人の正体がほぼ判明したので候補が減りましたが、残り二人のどちらかがラムということなのでしょうか?

FBIやCIA、日本の公安警察、MI6など世界中の諜報機関や捜査機関がNOC(Non Official Cover/ノン オフィシャル カバー、潜入捜査官のこと)を送り込むなどして、この組織を追っているようです。

 

組織の目的は?

何の目的があっての組織なのか。

詳しいことがまだ明かされていない為、これまで出てきた情報から推測するしかありません。

組織の動き関連で分かっていることは、以下の通りです。

  • 多額のお金を集めている
  • 薬を開発している
  • 優秀な科学者やプログラマーを集めている
  • 死者を蘇らせようとしている?
  • 裏切者や邪魔者を暗殺している

と様々な動きをしていますが、その中で最も重要なのが、薬の開発でしょう。

新一が小さくなった原因である、APTX(アポトキシン)4869。

元は、シェリーこと宮野志保(灰原哀)の両親が開発していたものですが、両親の死後彼女が引き継いだとのこと。

彼女の母が『銀の弾丸(シルバーブレッド)』と呼ぶ薬と同一のものなのでしょうか?

組織がソフト製作を依頼したプログラマー、板倉卓にベルモットが放ったという『我々は神であり、悪魔でもある…なぜなら、時の流れに逆らって、死者を蘇らそうとしているのだから…』という言葉からすると、それが組織の目的なのか、開発している薬も関係していることなのか。

APTX4869の副作用である幼児化、かなりの歳のはずなのに若いままのベルモットという点からすると、組織の目指すところは『不老不死』?

いずれにせよ、裏切者や邪魔者を殺してでもやり遂げたい、大きなプロジェクトがあるのは確かなようです。

 

不老不死にまつわる事件に組織が関わっている?!

実は、組織が関わっていると思われる、不老不死にまつわる事件がありました。

例えば『人魚の棲む島』と噂される美國島に、コナンが服部平次たちと共に訪れた事件。

(コミックス28巻、アニメ222~224話『そして人魚はいなくなった』)

この事件は、

工藤新一宛の手紙を受けた平次は、コナン達を誘い福井県の若狭湾沖にある美国島へ向かう。

この島は地元では『人魚の棲む島』と呼ばれ、島に着いた当日は年に一度行われる『儒艮(じゅごん)祭り』で盛り上っていた。

しかし、依頼主の沙織は3日前から行方不明で、幼馴染の3人の証言によると去年の祭りでもらった儒艮の矢を失くして人魚の祟りに怯えていたらしい。

その晩、祭りの最高潮である儒艮の矢の授与が行われていた時、人魚の滝の中で首を吊った幼馴染の一人・寿美が発見される。

これを皮切りに沙織の幼馴染が次々と殺害されていく。果たして一連の犯行は矢を奪おうとする沙織の仕業なのか…?

捜査が進む内にコナンはとても信じがたい真相に辿り着く。

その推理を聞かされた平次はそんなわけがないと反発するが…

というお話。

この美国島には人魚の肉を食べて長生きしてる老婆がおり、年齢はなんと130歳と言われていました。

『老婆』は犯行トリックの一部で実際には存在しなかったものの、実はこの島に訪れ、儒艮祭りに参加した人たちの名簿の中に『黒ずくめの男たち』と思しき名前があのです。

コナンも気付いていましたが、灰原哀の本名・宮野志保や、ジンやウォッカとよく似た黒澤陣、魚塚三郎という名前がはっきりと書いてあります。

他にも政財界の大物たちの名前も載っており、工藤優作の『この日本で最も強大な人物を敵に回そうとしている』という烏丸蓮耶に関する発言とも辻褄が合います。

そして更によく確認すると、『あの方』こと烏丸蓮耶と思しき似た名前が名簿に記載されているのです。

その名は、『大黒連太郎』。

カラスは黒い羽で覆われており、『蓮』と『連』も字面がよく似ています。

『黒澤陣』と『魚塚三郎』にしても、コードネームと似通っているので、本名というより偽名の可能性が高いですね。

だとすると、宮野志保だけ本名なのは謎ですが、組織の目的の為に、この島の人魚伝説を調べに来たということなのでしょうかね?

ヒロシ
そしてついに、”あの方”こと組織の黒幕の正体が判明します!
次の項目で、その正体を見ていきましょう。

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

【最新情報】黒幕『あのかた』の正体が判明!

江戸川コナンこと工藤新一の父・工藤優作の口から、黒の組織の黒幕『あの方』の正体が明かされました。

その名は、烏丸蓮耶(からすまれんや)。

一体何者なのでしょうか?

 

烏丸蓮耶とは何者?

江戸川コナンこと工藤新一の父、優作の口から語られた”あの方”の名は、『烏丸蓮耶(からすまれんや)』。

登場は一度だけ、しかも詳しくは言及されていないキャラクターなので、『誰?』と思った方も多いかもしれませんね。

烏丸蓮耶が登場したのは、コミックス30巻FILE.4~7、アニメ219話『集められた名探偵!工藤新一vs怪盗キッド(後半部分)』です。

この事件は、

『神が見捨てし仔の幻影』という謎の人物から、招待状と200万円の小切手を受け取った小五郎は、コナンと蘭を連れて山奥の古びた洋館『黄昏の館』を訪れる。

そこには日本各地の名探偵が小五郎の他に5人も招待されていた。

この館はかつては大富豪である烏丸蓮耶の所有物であったが、彼の死後に行われた美術オークションで麻薬による惨殺事件が起きた現場でもあった。

招待主は探偵たちを外界から隔離し、館にあると言われる財宝を見つけ出した者に脱出ルートを教えるという。

探偵たちは招待主の正体が怪盗キッドだと推理するが、その後『40年前の惨劇を繰り返せ』という彼らしくない言葉がマネキンのスピーカーから飛び出す。

そして晩餐会の最中に探偵の大上祝善が毒殺され、これを機に探偵たちが次々と殺害されていく。

再び惨劇の舞台となった黄昏の館。

果たしてコナンはこの殺人の連鎖を食い止め、館から脱出する事が出来るのか…?

というお話です。

この中では、
  • 烏丸蓮耶のシルエット
  • この事件の舞台となった黄昏の館の持ち主の大富豪であること
  •   かつてこの館で起きた惨劇に関わっていたこと
  • 半世紀前に死んでいる
  • 彼の紋章がカラスだった

ということくらいしか、語られていませんでした。

この人物こそが、『あの方』だったというのです。

いつか、シェリーこと灰原哀がコナンに、『ただでさえ、信じがたい人物かもしれないのだから』と言っていましたが、その通りだったわけですね!

 

なぜ、烏丸蓮耶なのか

なぜ、烏丸蓮耶が黒幕の正体なのでしょうか?

それをここで、考察してみましょう。

黒幕の正体については、組織に消されたと思われる羽田浩司が残した暗号によって既に明らかにされていました。

その暗号が『RUM』と『ASACA』。

RUMとは、前述した、未だに正体不明の組織のNo.2です。

だから、この暗号が一体何を意味するのか、今まで名探偵コナン読者には分かりませんでした。

定番のアナグラムで考えても、思いつくのは「マスカラ」程度?

ですが、黒幕の正体に繋がるのは、そのアナグラムだったのです。

この『RUM』と『ASACA』を上手く組み合わせると、『CARASUMA(からすま)』が浮かび上がるのです。

『名探偵コナン』の中で烏丸という名の人物は、烏丸蓮耶のみ。

ゆえに、あの方の正体は烏丸蓮耶と結論付けられるのです。

やはり、烏丸蓮耶の登場回数が少なかったこともあり、なかなか答えの黒幕の正体に辿り着かなかった読者は多かったようです。

では、作者・青山剛昌先生は、後付け的に烏丸蓮耶を持ち出してきたのでしょうか?

そこで『名探偵コナン』を振り返ってみると、烏丸蓮耶があの方だったことをほのめかす伏線も意外とあったのです。

ですので、最初から黒の組織のボスは烏丸蓮耶と考えていたようです。

その伏線に関しては、後述します。

 

死んだはずの烏丸蓮耶がまだ生きている?

とはいえ、この烏丸蓮耶自体謎に包まれた人物であり、既に死んでいる人間が黒幕というのもおかしな話です。

では、死んだというのは嘘で、実は生きているのでしょうか?

死んだとされているのが99歳(100歳越えという話もあり)なので、生きていればゆうに150歳近くということになりますが・・・

ここで思い出されるのが、組織が開発した毒薬とベルモットの存在、ストーリーのあちこちに散りばめられた伏線の数々です。

 

烏丸蓮耶に関連する伏線

烏丸蓮耶に関係すると思われる伏線を挙げてみましょう。

  • 新一が江戸川コナンとなるきっかけとなった、副作用で幼児化する、組織が開発した未完成の毒薬大富豪APTX(アポトキシン)4869
  • 本来かなりの歳を取っているはずなのに、若いままのベルモット
  • 『あの方』のメールアドレスのプッシュ音が、童謡の『七つの子』
  • 烏丸蓮耶の紋章がカラス
  • 灰原哀の両親が組織で開発していたという、『銀の弾丸(シルバーブレッド)』と呼ぶ薬
  • 組織がソフト製作の依頼をしていたプログラマー、板倉卓に対して放ったという、ベルモットの言葉『我々は神であり、悪魔でもある…なぜなら、時の流れに逆らって、死者を蘇らそうとしているのだから…』

 

組織の目的は不老不死なのか?

以上の伏線を参考に、考察をしてみましょう。

組織が開発していたのは、若返りの薬?

ベルモットは、それを飲んで若返った?烏丸も?

彼女が、『あの方』のお気に入り、というのもこれと関係が?

アポトキシン4869は、その研究の副産物?銀の弾丸との関係は?

『死者を蘇らせる』とは、烏丸のこと?

また、組織は優秀なプログラマーを集め、何らかのソフトの開発を依頼しているようです。

板倉卓も、その一人で、彼の日記において『人類の為に開発を断念したソフト』と綴っていますが、その中身が何なのか、未だ分かっていません。

バーボンこと安室透が握っているというベルモットの秘密も、烏丸と関係あるのか気になりますね。

蘇らそうとしているのが烏丸ならば、現在の実質的なボスはNo.2のラムなのでしょうか?

組織が開発しているのは、不老不死か若返りの薬で、死者をも蘇らせようとしている。

それが、組織の目的であり、プロジェクトということでしょうか?

ヒロシ

色々考察してみましたが、まだまだ、分からないことだらけ。

やはりまだまだ謎の多い組織ですね!

 

『名探偵コナン』黒幕の正体に関する最新のSNSの声をご紹介

 

まとめ

この記事では、『名探偵コナン』最新の黒幕の正体についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

黒の組織の目的は、不老不死の薬を作ることと、死んだ烏丸蓮耶を蘇らせることなのでしょうか。

黒幕である『あの方』の正体がようやく判明しましたが、名前とシルエットのみですし、組織の目的も憶測の域を出ず

  • No.2ラムの正体
  • 目的
  • いつ出来たのか
  • 本拠地はどこか

など、黒の組織は未だ多くの謎に包まれたままです。

多くの伏線や、明かされていない様々な謎がどう解明され、組織の厚いベールがいかにはがされていくのか、これからの展開も楽しみですね!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼