名探偵コナンゼロの執行人のネタバレ考察を徹底解説

コナン ゼロの執行人 考察 解説
Pocket

スポンサーリンク

この記事では、2018年4月13日公開の映画『名探偵コナン ゼロの執行人』のネタバレ・考察を詳しく解説していきます。

冒頭から大規模な爆発事件が起こり、全く関係のない小五郎が容疑者にされてしまいました。

全く関係ないのにどうして小五郎が容疑者となったのか、また誰が何の目的で小五郎を容疑者にしたのか、気になりますよね。

また、事件の真犯人とその目的もこの記事で明らかにしていきたいと思います。

それでは早速2018年4月13日公開の映画『名探偵コナン ゼロの執行人』のネタバレ・考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ヒロシ
ゼロの執行人はかなり事件の絡みが複雑で1度見ただけでは理解しきれません。

この記事で少しでも予習・復習をして、もう一度見ると新しい発見があると思いますよ。

エッジ・オブ・オーシャン爆破事件と小五郎の逮捕

映画冒頭で、いきなり事件が発生します。

5月1日に開催される東京サミットの開催場所として建設された統合型リゾート施設の「エッジ・オブ・オーシャン」で大規模な爆発事件が発生したのです。

爆発事件が起こったのはサミット当日ではなくて3日前。

サミットで警備に当たる警察官たちが、テロ対策や警備の下見をするために、その会場にいたのです。

そして、爆発によって警察官数名が死傷することとなりました。

ニュースで爆発事故が放送されたのを見たコナンは、サミットが開催される前に起きた事件であることから、ただの事故だと考えます。

警視庁による捜査が行われ、捜査会議が進む中、一人の男が部屋に入ってきます。

入ってきたのは公安部の風見裕也でした。

  • 現場から指紋が見つかった
  • 指紋は毛利小五郎のものと一致

部屋に入ってきた風見裕也はこう伝えると、すぐさま毛利探偵事務所に家宅捜査が開始されました。

全く事件に覚えのない小五郎は、任意同行を求められますが、拒否。

掴まれた手を振りほどいた動作が公務執行妨害と判断されて、現行犯逮捕となり強制的に警察署に連れていかれてしまいます。

誰かに仕組まれたと感じたコナンは、毛利探偵事務所の1階にある喫茶アポロで働いている安室に、小五郎が逮捕されるように仕組んだのかと聞きますが、安室は守らなくてはならないものがあるとお茶を濁します。

小五郎が連行されたことに涙を流す蘭を見て、コナンはこの事件について捜査を始めました。

 

爆発した原因は何?

阿笠博士の発明した高度30キロまで飛べるドローンで上空から爆発現場の映像を撮影します。

灰原哀は、撮影した映像に映っている爆発片から爆弾を特定しようと考えましたが、爆発の原因だったのは爆弾ではなく、レストランの厨房で使われる圧力ポットだったのです。

IoTポットである圧力ポットを使い、ガスの充満した部屋の中で遠隔操作して爆発させました。

 

小五郎の容疑はどうなった?

ありもしない疑いをかけられた小五郎ですが、小五郎のパソコンからエッジ・オブ・オーシャンの見取り図や、爆発を起こすための遠隔操作がされた証拠が見つかって容疑が固まり始めてしまいます。

実際に、小五郎は全く事件にかかわっていないのですが、ではなぜ小五郎のパソコンから事件に関係するデータが見つかったのでしょうか。

 

Norを使って小五郎のパソコンに不正アクセス

小五郎のパソコンに事件に関係するデータを入れる事と、実際に爆発させる為に、Norという技術が使われました。

Norというのは、簡単に言えば誰が不正アクセスしたのかわからなくさせる技術のことです。

小五郎のパソコンにデータを入れた犯人が分かれば、その犯人が爆発事件にかかわっている真犯人の可能性が高いので、小五郎の潔白を証明することが出来るのですが、Norを使っているため誰が不正アクセスしたのか全く分かりません。

 

拘束されている間に、同じ事件が起きた事で容疑が晴れる

警視庁はNorを使っていてもアクセス元がわかる技術を開発して、真犯人の究明を目指していました。

ようやくアクセス元を特定しようとしている最中に、厳重警備中の都内で同時多発テロ事件が発生したのでした。

エッジ・オブ・オーシャンでの爆発事件と同じくIoT機器を使ったテロ事件であることから、同一犯の犯行と認められて警察に拘束されていた小五郎の容疑ではないことが証明されました。

ヒロシ
小五郎を容疑者に仕立てるのに使ったNorという仕組みは、実際に現実の犯罪でも使われているTorという仕組みと同じですね。

こういったテクノロジーに詳しい人からすると、脚本のリアリティに驚いたと思います。

 

無人探査機「はくちょう」の落下事件

無人探査機「はくちょう」がこれまた不正アクセスによって警視庁めがけて落下してくることが判明します。

サミット会場爆破に加えて、無人探査機の落下を防げなかったことになれば、いよいよ公安警察の立場が無くなってしまいます。

真犯人の狙いが、公安警察の面子をつぶすことだということが分かりますね。

 

NAZUに不正アクセスしなければ、軌道は変えられないはず

無人探査機を操作して、警視庁に落下させるためにはNAZUに不正アクセスしなければならなりません。

実際に警視庁に向かって無人探査機が落ちてきているので、真犯人はNAZUに不正アクセスして衛星の軌道を変えたということになります。

では、どうしてNAZUに不正アクセスすることが出来たのでしょうか。

それは真犯人について調べるとよくわかります。

ヒロシ
無人探査機に不正アクセスして、正確に警視庁に落下させることができるなんて、かなり知識のある人間か、関係者しかできないですよね。

それに、どうしてそこまでして警視庁に落下させることにこだわるのか、真犯人の目的は何なのでしょうか?

▼名探偵コナンが今すぐ見れる▼

▲1話から見始めたら止まらない▲

全ての真犯人は日下部検事だった?!

全ての事件を企画した日下部検事の目的は、公安の権威を失墜させることでした。

1年前に起こったNAZU不正アクセス事件によって日下部検事は、協力者であり、家族のような存在だった羽場二三一を失ってしまいました。

この時公安が自らの利益のため、協力者であった恩も忘れて羽場を自殺に追い込んだんだと考えていた日下部は公安に対して憎しみを覚えていたのでした。

なので日下部は、無人探査機を警視庁に落とす計画を立てたのです。

民間人に恨みがあるわけではなく、ただ公安に恨みがあったので、民間人が危ない目に合うことはしませんでした。

IoT危機を使ったテロも、サミットの3日前に実行することで、民間人を犠牲にしないで、公安の人間だけをターゲットにすることが出来ました。

そして、何者かによって無実の罪を被せられた毛利小五郎を助けるために再び東京でIoTテロを起こしたのでした。

 

安室はどういう立場だった?

安室透の唯一の目的であり正義は、国を守ることです。

そのためなら、平気で秘密を作りますし、嘘もつきます。

 

コナンを利用するために、小五郎を犯人に仕立てた

安室の正義は、国を守ること。

それを実現するためには一人の力では不可能だと判断した安室は、コナンに協力してもらいたいと考えました。

そこで、否が応でも事件の捜査にコナンが出てくる状況を作るために、サミット会場での爆発事件を小五郎の罪に仕立てたのでした。

予想通り、小五郎が逮捕されては納得のいかないコナンたちが事件の捜査を始め、最終的には仲間となって衛星の落下軌道を修正することに成功しました。

これによって、安室の正義が貫かれたというわけですね。

さらに、羽場二三一が自殺したことを捏造して、秘密裡に生かしていたのも国の利益を考えての行為でした。

ヒロシ
日下部検事の自分の大切な人間を死に追いやった公安への憎しみが起こした事件だったのですね。

いってしまえば安室が勝手に自殺したことに見せかけたことが原因とも言えますが、まさかこんなことになるとは思っていなかったのでしょう。

何はともあれ、無事に事件が解決して良かったです。

 

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』はおススメできる?SNSの感想や評判は?

20代女性
日下部検事の考える正義は公安の信頼を下げる事でしたが、こういう人が出てきてしまうような公安の体質に嫌気がさしていたからこそ、歪んだ正義が出来てしまったのでしょう。

日下部検事の立場になって考えてみれば、納得できることですが、ちょっとやりすぎな感じもしました。

それはどうであれ、安室とコナンの活躍で、民間人への被害を止めることが出来てよかったです。

10代女性
安室さんのカーチェイスは物理法則を無視しすぎている気がしましたが、ハラハラドキドキさせてもらえたので大満足でした。

あまり公安と聞いてもイメージがわかないところがありましたが、組織内部の反発といいますか、近しい人間の告発のようなイメージでした。

権力を持った組織はだんだん黒く染まっていってしまうので、日下部検事のように正義をもって行動を起こせる人はかっこいいと思いました。

やっていることは少し問題ありますけど、これくらいやっちゃってもいいのかなと思いました。

 

Twitterの評価は?

 

まとめ

2018年4月13日公開の映画『名探偵コナン ゼロの執行人』のネタバレ・考察を詳しく解説をしてきましたが如何でしたか?

小五郎のおっちゃんは全く関係のない罪を着せられてしまって焦ったことだと思います。

安室が事件を小五郎の罪にしたことも驚きましたが、それはコナンを利用するためという明確な目的があってのことだと判明したので、納得できました。

真犯人の日下部検事は、自分の正義をもって公安という巨大組織に立ち向かってやるという強い決意が感じられて、やっていることは悪いことですが、その気持ちを理解することが出来ましたね。

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、名探偵コナンの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼名探偵コナン好き必見▼